謹賀新年
あけましておめでとうございます。

大晦日から大掃除しながら、ふと思い出したのは私が子どもだった昭和40年代、母はまだお節料理を手作りしていたこと。
煮物を気にしつつ掃除したり、紅白を見ながらまだ漬物の具合など気にしていました。
それを見ていたので私はお節料理を作れと言われればそれなりにできると思うのですが、私の子どもの世代はお節料理=買ってくるもの、は仕方ないでしょうね。
また私もお節料理を作りたいとも思いませんし。
主婦が楽になる、ということであれば今はお節料理に頼る必要はないので。

ただこれも徒然に思い出したのですが、お正月に泊まりに行ってお節料理が美味しいと思ったのは、南紀串本にある和田金別館
お豆にしろ、金柑の蜜煮、栗の甘露煮だったか、なんの変哲もないお正月に食べるだけものものが美味しいという印象が強烈でした。
またいつか訪れたいものですが。
b0006210_10355020.jpg

[PR]
by a-tenar | 2009-01-01 20:48 | 食べもの

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧