田舎の暮らし
おくりびと
b0006210_21383788.jpg監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
出演者:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子
2008年 日本

アカデミーを取ったことでにわかに夫が興味を示し、行ってきました。
何度もぽろぽろ泣いてしまいましたが、あれで広末涼子がレッド・カーペットかぁ、というのが直後の感想。

原作者?といわれる人のインタビューを読んだりすると、この作品の更なる奥行きがあるのか、期待できるところです。
田舎の景色がきれいなので、それは必見。
ですがこの町にはコンビニもなく、お百姓さん、さびれたお風呂屋さん、役人、どんな仕事で暮らしが成り立っているのだろう?
皮肉で言っているのではなく、ここ数年、訪れた田舎はほんと、この町どんな産業があるの?と思うことばかりです。
仕事がなければ若い人たちは、ふるさとを捨てざるを得ないでしょう。
そうすると田舎はどんどん老人だけになり、活性は望めなくなってくるでしょう。
どうしたら美しい田舎の町にも、若い人が子どもを生んだり育てたりしながら暮らしが成り立っていくのか。
お百姓さんのように何かを作っていく人が、暮らしが成り立つようにしなければ、この国のように資源のない国でそうやっていくのでしょうか?
[PR]
by a-tenar | 2009-03-01 21:14 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧