私にとっては「大奥」
亡国のイージス
監督: 阪本順治
2005年 日本

これは期待以上に面白い映画。
始めっから緊迫感あふれるシーンの連続で、最期までひっぱっていかれました。
私の大好きな中井貴一が主役だ思ったら・・・!
中井貴一、性格悪そうな役でもすてき。

ただ、映画だけだと今ひとつ人間関係がよく飲み込めませんでした。
ちょっとはしょりすぎというか、カットしすぎなのでは。
ダイス工作員の如月の生い立ちもよくわからないし、佐藤浩市の役どころもいまいちわかりません。
なんで中井貴一は、女工作員が死んだ後写真を燃やすのか、とか。
わからない設定でも、存在が強烈だったのは「艦長」寺尾聰と「総理」原田芳雄。
特に原田芳雄は少ないセリフで、なお総理の孤独感と貫禄があり、小泉首相と比較してしまった。

そして真田広之。
私はこの「先任伍長」が、夫にしたいベストタイプ。

男優陣が充実しているので、まあ楽しかったこと。
「大奥」にお入りになった上様のような気分?

b0006210_13195718.jpg
http://aegis.goo.ne.jp/
[PR]
by a-tenar | 2006-01-06 12:48 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧