さぁ、映画を見るぞ
真夜中の弥次さん喜多さん

監督・脚本:宮藤官久郎
2005年 日本

仕事を〆た、当分遊んで暮らすぞさぁ映画だ映画だ、と借りてきたのがこれ。
あまり期待せずに見て、最後までしっかり見た。
好みからいけば「アカルイミライ」のような作品が好きだけど、こっちは音楽のセンスもいいし着物が面白い。
前に祇園の舞妓さんの髪型を「研究」したんだけど、日本髪とか着物ってエロティックだっていうのがあんまりぴんとこなかった。
これを見ていて、日本髪って「男らしさ女らしさ」をものすご~く具体的に現したものだったのかしらん?
中村七之助の着物が様になるのはわかるとしても、長瀬智也の着物姿はTOKIOの衣装よりかっこいいぞ。
登場人物、ほぼ着物アレンジだけど、みんな様になっている。
「戦国自衛隊1549」のミスマッチにはうなったけれど、ハーレー・ダビッドソンでお江戸を出発しても面白かったし、ヤクがカプセルなのも「リヤル」。
主役二人の息が合っているし、私はチョイ役でもARATAが出ていて嬉しい。


[PR]
by a-tenar | 2006-01-13 22:42 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧