事実はこうだったとしても
b0006210_21113514.jpg

硫黄島からの手紙
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童
2006年

見終えた直後はこんなものかな、と思っていましたが帰宅後一緒に見た夫とディスカッションを重ねていくつか気がつきました。

・実際の戦争ってこんなものだとは思います。
 考える間もなく訳もわからない状況になっていて、気がついたら食事どころか水さえも満足に 支給されず、敵が攻めてくるのは今日か、明日か。

それにしても盛り上げるエピソードに欠けています。
たとえばタイトルの「硫黄島からの手紙」。
なぜ元憲兵清水が硫黄島に来たことを、みんなスパイだと思ったのか。
それは元パン屋西郷の手紙が検閲されていて、その反政府的な言動のせいじゃないか?とはちらりと匂わせているものの、それが実際どうだったのかには触れられていない。
またこれらの手紙を埋めたのは西郷なのに、彼は司令官栗林から
「ここにある手紙類とおれの軍用行李を燃やせ」
と命令されただけで、硫黄島にいた兵士たちの故国に届けられなかった手紙を埋めた、というシーンはなかったのでは。
たぶん編集段階でカットされたのでしょうが、惜しいエピソードです。

・人物像の描き方が浅い。
 栗林中将にしても騎馬隊あがりの将校なんて、司馬遼太郎の「坂の上の雲」あたりから連想しても、生粋の軍人魂を持った人?
優秀な軍人、良き家庭人でもあった。アメリカ留学経験があり、アメリカの物的有利を知りながら、どうして硫黄島であれだけの闘いをしたのか、今ひとつぴんと来ないんですね。答えらしきものは随所にあるんですが、どうも心情としてうならせるものではない。またあれは渡辺謙にやらせなくても良かった役どころでは。
それに、中村獅童の使い方もよくわからん。
バロン西の描き方も中途半端、というところです。

このよくわからないところが、事実なのかもしれないと思えるのですがどうもすっきりしない。

・共感できたのは、追い詰められて集団ヒステリー的に「天皇陛下万歳!」と叫んで、よくわからないけど条件反射的に身体は最敬礼して一緒に叫んで、手榴弾抱えて自爆する兵士達のシーン。ここは今の世相にも似ているとと感じました。

イーストウッドにしては雑な映画、という感が拭えません。
また出演している俳優からして、すでに戦前の日本人ではなくあきらかに戦後の日本人以外何者でもない、という感もありました。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-09 21:13 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧