極限の切なさ
ヒトラー 最期の12日間 Der Untergang
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
アドルフ・ヒトラー(総統)…ブルーノ・ガンツ
トラウドゥル・ユンゲ(ヒトラーの秘書)…アレクサンドラ・マリア・ララ
マグダ・ゲッベルス(ゲッベルス夫人) …コリンナ・ハルフォーフ
ヨーゼフ・ゲッベルス(宣伝相) …ウルリッヒ・マテス
エヴァ・ブラウン(ヒトラー夫人) … ユリアーネ・ケーラー
2004年 ドイツ・オーストリア・イタリア共同制作

やっと、やっとレンタルすることができて見ました。
ベルリン陥落直前、敗戦国の首都に迫る切なさ、人々の混乱がが生々しく迫ってきた秀作です。
怪物、独裁者、狂気、そんなことばが当てはまるヒトラーとはどんな人物だったのか、とても気になってきました。
映画を見ている限り、私の身近にもいるような人で決して特別なモンスターではないような。
美化する気は毛頭ありませんが、なんと孤独で人間臭い人かと思います。
面接でかちかちに緊張してタイプミスをしてしまった秘書候補に優しくやりなおしを命じたり、料理人に「今日の食事もおいしかったです」ときちんと礼を言ったり。
たかがこんなことかもしれませんが、現実にはヒトラーとは比べられないほど「善良な市民」のはずの男性上司から、ここまで人格否定するか?って思うほどのことを言われている身には、どっちが独裁者なんじゃと言いたくもなりました。

比べたらいけないけど、私にとっては「硫黄島からの手紙」より戦時を身近に感じた作品です。
b0006210_10234321.jpg

[PR]
by a-tenar | 2006-12-21 10:10 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧