ダンスって原始的なものを感じる
バレエ・カンパニー
監督:ロバート・アルトマン
出演:ネーヴ・キャンベル、マルコム・マクダウェル、ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴのメンバー
2003年 アメリカ=ドイツ

ダンスものの映画って私の中で原始的な興奮を覚えて、大好きです。
この映画は「エトワール」ほどのめりこめない筋立てでしたが、ダンスは堪能しました。
モダンが好きではないけれど、ダンスだけは例外な私です。

圧巻に思ったのは、ブランコを使ったダンス。
あれは怖いだろうなと思いながら、動きの美しさは素晴らしいと思いました。
それに主演のネーヴ・キャンベル。
一流のダンサーたちと交わって遜色ないところが、いくらバレエ出身とはいえなかなか。
b0006210_2082950.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-01-27 20:08 | お気に入り

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧