変わらない人の世
b0006210_11494080.jpgジーザス・クライスト・スーパースター JESUS CHRIST SUPERSTAR
監督 ノーマン・ジュイソン
出演:テッド・リーニー、カール・アンダーソン、イボンヌ・エリマン、ボブ・ビンガム
原作 ティム・ライス
1973年 アメリカ

朝起きて、夫がつけたテレビからディープ・パープルの「Black Night」が流れてきて、それが聞きたくなり「You Tube」で検索して見たらリッチーが「ジーザス・クライスト・スーパースター」のフレーズを弾き出した。
ああ、そうだ。
イアン・ギランってジーサスやっていたんだと思ったら、懐かしくて早速こっちを。

小学生の時に見て、あんまり訳わかんないけど何回も見て、サントラもよく聴いてた。
訳わかんない、というのはキリストをヒッピー・カルチャーで描いたこと。
こんなことしていいの?って感じで。
私はユダのナンバーが好き。
「Heaven On Their Minds」
「Judas' Death」
「Superstar 」
は何回聞いても飽きないなあ。
シモンの「Simon Zealotes 」では、踊り狂う群集と立ち尽くすイエスの対比。
ダンスは今のなんでもありを見ていると、イマイチ?けど、これはこれで十分。
人間はここまで進んできたんだと思えちゃった。
考えることがね、今も昔も変わらない。
よく言われることだけど、聖書ってやっぱりあらゆる人の世の常が入っていると思う。
 
何回見てもユダの叫びには魂を感じる。
なんかおかしい、と思いアプローチするけれどすれ違う(と思われるような展開になってしまう)。
正そう、と思ってやったことは、全世界いつの時代にも「ユダの裏切り」で通用するような結果を起こしてしまう。
辱められあざけりを受けるイエスを見て、おそらくユダは誰よりもイエスを大事に思っていた自分に気がついたんだと思う。
誰がこんな結果を望んだか?
どうして自分がそんな目に?
どうしてこの「犯罪」に自分を選んだか?
神を呪い、自殺するまでのスリリングな展開。

続けて2000年バージョンも初めて見て、うまいな~と。
歌も演技も演出も。
アンドリュー・ロイド・ウェバーはジェイソン版に不満があったそうですが、リメイクを見ればそれもわかるような気も・・・。

監督:ゲイル・エドワーズ
出演:グレン・カーター、ジェローム・プラドン
b0006210_13423823.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-05-06 12:24 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧