気分じゃなかったけど
作った人たちには申し訳ないことながら、前の「ブラック・ダリア」が引いていて
きぶんが乗らないまま、見だした映画。

ストロベリーショートケークス
監督:矢崎 仁司
出演:池脇 千鶴、中村優子、安藤政信、加瀬亮
2006年

これ、ホントに男の人が作ったの?!というくらい女の生態に迫っているという気がしました。
よく見たら原作は魚喃キリコ、脚本も女性。
この辺りがしっかりしているから?
いやいや監督の力量も大きいのでは。
男の心の動き、たとえば「永井」が「ちひろ」に引いていったり、「菊池」の心模様なんかも上手。
物語にはあまり関係ないながら、秋代のきれいなおサカナが死ぬ映像なんて、私も金魚の死をあんなふうに見ていたんで、まざまざとあの時のきもちがよみがえりました。
どうやって、撮影したんだろ??

前に見た「サオヤの月」の藤川佳三さんが助監督を勤めた(?エンディングで確認せず)と聞いて、でもどうしても都合がつかず劇場公開に行けなかった作品。
しかも主演は「ジョゼと虎と魚達」でファンになった池脇千鶴。
ところが最初からぐいぐい引き付けられたのは「秋代」(中村優子)。
深くにもめがねかけている彼女とそうじゃない彼女が、同一人物とはなかなか気がつかなんだ。
そのくらい、好きな人の前にいる「秋代」と、デリヘル嬢やっている「秋代」は雰囲気が変わり、それがもう痛々しくて。
それと「塔子」(岩瀬塔子)。
絵を描くシーンがやたらリアルで、イラスト描く私の友人たちと重ねて見てしまった。
それになんで彼女だけ役名が、そのままなんだ?
なんで絵描きのもつあの雰囲気をここまで再現できるのか?と思ったら彼女こそ、だったんですね。
彼女の原作、読んでみたい。

それぞれが不完全だからこそ、愛しい。
里子の
「恋がしたいな~」
「スペシャルな人の、スペシャルになりたい」
は心に残ります。
個人的には「秋代」に一番惹かれ、「塔子」に似てもいなくもないと思いますが、私ってたぶん「りひろ」という気がします。
「里子」の強さは大好きですが、私のもつ強さと里子の強さは同質かな?で自信なし。
でもどのキャラクターも、大好きです。
b0006210_20145646.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-06-09 20:16 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧