世界に羽ばたく人は
パリ・オペラ座のバレリーナ きれいに生きるための12のレッスン
ミテキ・クドー
新書館 2007年 
ISBN-13: 978-4403320279

b0006210_22233180.jpgパリ・オペラ座の顔、と云われるトップ・ダンサーは家庭を大事にし、家族を一番大切に思っている普通の女性。
でも心がけが違う、って気がしました。
たとえば。
「バレエは豊かで素晴らしい芸術であると同時に、文化、芸術、テクニック、解剖学、栄養学、医学、音楽、演劇など多岐にわたる分野の知識が要求される芸術です」(本書P.16)
と言うように、彼女のアドバイスも多岐にわたっています。
本屋さんでパラパラっと立ち読みした時、ダンサーでもない私でも、これは役立つんばと思うことが何点かあったのでじっくり読みたいと思っていました。

当たり前かもしれないけどただダンスが好きだけでも、才能があるだけでも、努力だけでもダメなんですよね~。
その点この人はポントワの娘ということで才能もあったけど、メリットもデメリットもありそれを受け入れなお自分でも努力を重ねて、キャリアもほどほどに家庭を大事にした、そのバランス感覚が稀有な人のような気もします。
お子さんたちもそれぞれパリ・オペラ座バレエ学校に入学されたのかな?
もうすぐ親子三代ダンサー、も夢ではないとか。
本当に自分でやりたいことを掴み取っていく、ミテキの生き方を知っている子ども達がどんなダンサーになるのか、も楽しみです。
[PR]
by a-tenar | 2007-07-15 22:20 |

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧