「ミス・ポター」
ミス・ポター監督:クリス・ヌーナン
出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン
2006年 アメリカ

思い入れのあるピーター・ラビットの作者の映画なんで、ぎりぎりまで観るか観ないか、迷いました。
彼女の一生って、激動ではないけどなんというか、波乱はあってそれがどこまで描かれているのか怖かったんです。
何回か泣けてきましたし、良い作品だとは思いますがやっぱり初めての人向き、という感は否めず。
どうぞ皆さん、ポターの本を読んでみてくださいまし。
乳母日傘で育った内気な少女は親から限られた選択肢しか与えられず、女だからと学者の道も断たれ、絶体絶命のピンチから絵本作家として成功し、親から自立。
晩年には農場主として画家としての筆は折り、全財産をナショナル・トラストに寄付するまでの、地に足をつけた生き方を、ぜひぜひ。

ちょっとびっくりしたのは、男の人の姿を何人かみかけたこと。
「ミス・ポター」に男性が来ている、というのがなんかほのぼのしました。
一緒に湖水地方へ行ったうちの夫は来てくれませんでしたけれども。
b0006210_21251441.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-10-08 21:33 | Movies

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧