<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
夏のブーツ
私が今年の夏こそと楽しみにしているものの一つはこの夏のブーツ。
「私の軍師」が「もっとも女性の足をきれいに見せるヒールを作るブランドの一つ」と言い切る、イタリアはミラノの老舗ブルーノ・マリのもの。
素材はざっくりした生地感から麻と思います。
それに鮮やかなビーズで、花。
ヒールまで布、そしてビーズ刺繍。
もったいなくて、ずっとしまっていました。
金欠でも手放せなかったのは、この贅沢さがたまらなく好きだったから。
夏に、麻のブーツ。
大好きなんですね、こういうこだわりが。b0006210_10112228.jpg
[PR]
by a-tenar | 2005-04-28 10:11
男の人の着るもの
山岸凉子「ハトシェプスト」を読んでいたら、古代エジプトの衣装は
「男は腰下に、女は胸高に」
とありました。
古代エジプトの布の巻きつけ方だと思いますが、これは和服にもあてはまるような。
男の人が腰下に帯を巻いて着流ししているのは、たまらなく色気がありませんか。
女に人は胸高く帯、は武家の嗜み。
こぼれる襟足の色気。
色っぽい「お富さん」がそのように帯をしていなかったかもしれませんが、それはさておき。

話変って、男の人のスーツ。
今の時期からそろそろ背抜きでもいいかと思っていたら、背抜きはオールシーズン良いのだそうですね。
私の父が、この時期になると背抜きになり寒くなると総ウラにしていたので、てっきりそういうものだと思っていました。
父の思い出のせいかもしれませんが、季節感からいっても背抜きを使い分けるとおしゃれだと思うのですけど。
そして、そのスーツ。
私の周りでは後ろベンツが背中にあるオーソドックスな形を好む人が多いのですが、私は横ベンツが好きです。
理由は、「横ベンツの方が後姿がすっきりするから」。
でも、悲しいことに横ベンツのスーツをさりげに着て、格好いい人ってあまりいないんです。
たまにおみかけすると、それこそ「後ろ髪を引かれるように」振り返り見ています。
後ろに目がないからいいけど、そういう人は自分の後姿にも気を配っていて実はぼーっと見ている私をチェックしているのかも(・・・・こ、怖い)。
私個人は、きっちりサビル・ロゥ的なスーツをごく平凡にきちっと着ている人が好きです。
というと誰を思い浮かべますか?
実は私、天皇ご一家。
目立たないスーツを、当たり前に着ていながら堂々としているのはさすがと思います。
[PR]
by a-tenar | 2005-04-27 18:21
春、みどりのおかず
近所に小さな畑があって、春になったのでまた農作業が始まりました。
生産農家で、安価で新鮮な野菜を畑の脇で売ってくれます。
今日はねぎとブロッコリー、なばなが出ていたのですぐに買いました。
絹さやもつやつやのものが手に入ったので、新たまねぎと。
しらす干しに大根おろし。
ブロッコリーは塩茹で。
わかめと豆腐のおみおつけ、胚芽米。
子ども受けしませんが、春いっぱいを感じつつ。b0006210_2140134.jpg
[PR]
by a-tenar | 2005-04-11 21:40 | 食べもの
ニューヨークの密かな楽しみ
50歳から楽しむニューヨーク散歩
宇田夏苗:文 比嘉良治:写真
小学館 2004年

写真がとてもきれいです。
私は2000年の初夏にNYに行きましたが、この時はまだ「COACH」や「GAP」をそれほど知らなかったことを懐かしく思い出しました。
また、NYの屋台で一品でも多く食べてみたい、なるべくいろんな所を一人で歩き回りたいと思ったものです。
屋台は残念ながらホテルの近辺では無理で、セントラル・パークで1回パンを買うことができましたがそれっきりです。
一人で歩くのは比較的できましたが、それでも一人で知らない街を行動するのは危険、と用心したこともあってグリニッジ・ヴィレッジなど行けなかったので、今度はぜひ。
すてきなB&Bの紹介もありましたし。
b0006210_2372557.jpg
[PR]
by a-tenar | 2005-04-05 23:16 |
おデブのお医者さんのヒーリング効果
空中ブランコ
奥田英朗 文藝春秋刊 2004年

のっけから驚きました。
てっきり主人公は空中ブランコ乗りかと思っていたらはずれはしないものの、鈍感な感じの太った、注射大好きのお医者さんがキー・パーソン。
登場人物がまたユニーク。
尖端恐怖症の暴力団若頭には、笑いというより同情してしまいました。
危機のさなかサザンの歌が思い出され、「なぜサザンなんだ?」と焦りながらもこの際それで発作がおさまってくれるのなら、としがみつく描写、笑いながらも切実なきもちよ~くわかります。
出世街道驀進中のエリート医者の苦悩、ベテラン野球選手の悩み、流行作家のストレス性嘔吐症、など本人は苦しい以外何ものでもないのでしょうが、どこかユーモラスでそれが自分にもあてはまるような気がしてきて、これはこのお医者さんの持つヒーリング効果ではないでしょうか。
くわえタバコの看護婦マユミもなかなかいい味だしています。
気分が落ち込んだ時に最適の本じゃないか、と私は思いました。b0006210_14422814.jpg
[PR]
by a-tenar | 2005-04-04 14:42 |
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧