<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
打ち上げ!
一人の子どももけがすることなく、大きなトラブルもなく、
無事キャンプ終了です。
キャンプに参加してくださった人で、仲良くなったお隣さんがビールとするめを持ってきてくださいました。
私も、近くのスーパーで「八海山」をゲット。
「八海山」に限らず「久保田」だの「越の寒梅」だの、フツーのスーパーに陳列していることが信じられない!
夜12時過ぎまで、飲んでいました。

後片付けして、横になっても神経がぴーんとしていて、達成感に酔いしれていました。
あれがそういう感覚なんだと思います。
もちろん、もっとこうしたら良かった、ダウンしたなんて恥ずかしい、とは思います。
でもベストは尽くしました!
b0006210_11413650.jpg

長岡市内のスーパーでずらりと銘酒が並んでいたので思わずデジカメで写したら、すぐに警備員みたいな人が飛んできて公的身分証明書の提示を求められました。
どうも競合店のスパイか何かに思れたらしくて。
スパイがスーパーのかご持って食パンやら、そばに干物入れて堂々とデジカメ撮影するかっていうの!
もちろんスーパーが撮影を禁止する自由はあるし、その注意書きを見落とした私にも非はあるので、素直に謝ってブログに使おうと思ったことを説明しましたが、それでもネチネチと、「他でこんな行為許されるんですか」だって。
画像はその人の見ている前で削除しました。
それにしても犯罪行為をしたような責められ方だったので、このことだけは長岡の不愉快な思い出です。
この画像はそれより前に違うお店で撮ったもの。
この時写真を撮った時でも、他の地方でも、こんな侮辱的な扱いを受けたのは初めてなんでびっくりしました。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-31 11:32
ようやく街へ
キャンプや、スタッフの夕食の買出しに一人で近所に出かけました。
滞在している聖ルカ・オープンスペースの裏は新潟県立明徳高校の体育館。
中越地震の時に山古志の人たちの一時避難場所になったところです。
その隣は、長岡警察署で、どちらも全国ニュースで何度となく映像になった場所です。

今は8月1日~4日の長岡まつり一色です。
本当は3日までなんだそうですが、今年は市制100年記念で1日延長します。
楽しみです。
b0006210_11294851.jpg

[PR]
by a-tenar | 2006-07-30 11:24
キャンプ2日目
今日は途中で休むことなく、なんとか持ちこたえました。
「三郎」は皆さんに親切にしていただき、創作活動でボタン付けに挑戦。
上手ではありませんが、ちゃんとボタン付けをマスターしました。

これはグループの皆さんと作った「三郎」の焼きそば。
b0006210_1124682.jpg

[PR]
by a-tenar | 2006-07-29 11:20 | 食べもの
キャンプ始動
今日から4日間にわたるキャンプ。
初めての場所、初めての人たち、初めてのボランティアで
初日早々、途中で寝込んでしまいました。
参加した子どもたちの元気に当てられたというか、
熱気についていけなくなった感じです。
これがあと数日続くのか・・・と思ったらくらくらっと(苦笑)。
午後昼食の片付けの後寝かせてもらい、おやつからまた合流して、後片付けして夕食作って明日の手配をしました。

体力配分が難しい、とつくづく思います。

それでバタン、ですが気が張っていてキューにはなりませんでした。
b0006210_11174222.jpg
[PR]
by a-tenar | 2006-07-28 07:59
長岡入り
b0006210_11195755.jpg
初めて東京から延びる新幹線に乗って、長岡にやってきました。
涼しい。
東京に近いせいか、お店も東京のものが多く。それでいての~んびりした感じです。
私の子どもの頃の田舎がここにあるという感じですね。
明日からの子どもたちのためのキャンプに子どもを参加させ、
活動のHPの立ち上げお手伝いをしようと思っていますが・・・。
画像はこれからお世話になる長岡聖ルカオープンスペースです。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-27 07:54
「ミッション・イン・ポッシブル」
私はトム・クルーズが好きなタイプではないのに、なんというか・・・、見てしまいました!
見ながら、「私、コイツ、嫌い」と何度も思い、
なら見なきゃいいじゃんと自分でもおかしく思いましたけど。

途中で子どもにチャンネルを奪われ「エンタの神様」にスライドしながら、結局肝心のところが見られずじまい。

誰が裏切り者で、「ヨブ」は誰?
「クレア」は裏切り者?いつのまにか消えていた。

ネットで調べても今や「3」の話ばかりで、ストーリー説明しているところにでくわしません。

どなたか知っていたら教えてくださいな。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-22 20:22 | Movies
「フライド・グリーン・トマト」

b0006210_2073715.jpg
私はアメリカのディープ・サウスに行ってみたいと思っている。
なんでかといえば、南部料理。
グレイビーのしみこんだビスケットだとか、ケイジャン、クレオール料理って食べてみたい。

で、うちのトマト。
このお天気のせいか青いまま落ちたり、なかなか赤くならずにいるので思い切って収穫することに。
ローラ・インガルス・ワイルダー夫人のレシピなんかだと、ピクルス作るみたい。
さすがに「青いトマトのパイ」はみかけなかった。
そこで「レシピ 青いトマト」で検索かけたらずらずらっと。
その中で「フライド・グリーン・トマト」をみつけ、これに決めた!

b0006210_2044447.gif
レシピは「Kolis Inn」さんより。

コツはスライスしたトマトにぱらぱらっと砂糖をふること、
必ず青いトマトを使うこと。
少しでも赤いとなんか違うって気がします。
青い酸っぱいトマトにコーンミールっているのが、南部という私のこだわり?
b0006210_21335366.jpg


私はこれ、映画も大好き。
b0006210_2128514.jpg
フライド・グリーン・トマト
出演のメアリー・スチュアート・マスターソン、
ジェシカ・タンディ、
キャシー・ベイツ、
メアリー・ルイズ・パーカー
みんな、いい。
女同士、って仲が良すぎて過干渉になるとか足の引っ張り合い、醜い、など悪いイメージが多いような気がするなかで、この映画は女同士の緩やかなつながりがどんなにすばらしいものか堪能させてくれる。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-19 21:08 | 食べもの
これ、私のこと?
b0006210_11283176.jpg
竹永 浩之
現代人文社 2003年

最近こそ、「あー、N.Y.行きたい」とつぶやくことはなくなりましたが、この本のタイトルはぐさっときました。
著者はN.Y.でフリーペーパー「Nuts」発行人。

ぐさっと来たのはタイトルばかりではなくて、「パリ症候群」。
これは『「在外」日本人』(柳澤和子、晶文社)なる本からのものだそう、早速読んでみよう。

 パリ症候群の症状として同精神科医が挙げているのは、「自律神経失調症」「抑うつ状態」「妄想状態」などである。自律神経失調症がひどくなると、「頭痛」「息苦しい」「お腹の具合が悪くなる」「手が痺れる」「人前で緊張する」「外出したがらない」「人目をさけようとする」などが起こるらしい。 (本書55P抜粋)

これ、私のこと?
私はパリに行ったことないので、パリではない「愛知」になります。
ひょっとして「パリ症候群」と「愛知症候群」っていうのは、同じ症状なんだろうか?

そして著者が出してくるのは、「ニューヨーク病」。
症状が詳しく出ているので全部は書けないけれどたとえば、
・ニューヨークにおける自分の可能性を直視できなくなる。
・短気になる。
・自分の意見を”絶対”と思うようになる。
・違う意見の存在を許せなくなる。
・言ってることとやっていることが矛盾するようになる。
・聞かれてもいないのにニューヨークにいることを必死で理由づけするようになる。
・いかに自分がニューヨークでがんばっているかを必要以上にまわりに強く訴えるようになる。
・自分よりも弱いものを見つけては、優越感を味わうようになる。
・新しい芽(人物、企画、グループ)をつぶそうとする。
・批判ばかりがうまくなる。
・一見、物わかりがよさそうだが、よく話すと考え方がコチコチだったりする。

等、いやーまいった。
全部が全部ではないにしろ、「ニューヨーク」を「主婦」とか「家」に置き換えたら、私です(苦笑)。
今の私がニューヨークに行ったら、もっとすごい病気になるんかいな。
「家を捨て家族を捨ててきた無能主婦の、ニューヨーク病」。

ここにいても適応障害起こしているんだから、パリだのN.Y.だのでこの憂鬱な現実から逃げられるのは夢、とかえってさばさばしました。
なんてったって、こどばもビザの心配もしなくていいんだし。
あ、でもことばって同じ日本語でも主婦語は難しい・・・。

N.Y.に逃げたくなったら、「Nuts」へ飛ぶことにします。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-17 11:28 |
サマーセミナーに参加しました
朝から晴れて、蒸し暑さを予感させる日でした。
今日から
「サマーセミナー」が始まり、かねてよりチェックを入れていた講座に出席しました。
会場の南山大学広いキャンパス、手入れされたグリーンなど、はまるでアメリカの大学(といっても3つくらいしか知らないのだけど)みたいででした。
3日間、1,000講座市民参加の講座らしくいろんな講座があって、しかもほとんど無料。
こういう催し、大歓迎。
学生やら、その保護者らしい人たちが多数動員されていて皆感じよく、学生も含めて恐らくボランティアで酷暑の中立っていたのには頭が下がります。
とはいえ、いくつかの会場の運営、会場から会場からの移動の大変さなど問題や多々あったと思います。
案内も少なかったし、どこの教室を目指すのか右往左往状態でした。
それに高校生対象のオープン・スクール的な要素が、私の参加した講座には出ていたようで内容的な物足りなさも少々感じました。
初めからそういう風に書いてくれたら、参加しなかったのにと思ったということです。


最初の講座は大学教授のソツのない講義で良かったのですが、次に参加した講座は民間カウンセラーのもので「最悪」でした。
途中で退席したかったのですが、場所的に難しい位置に座ってしまいました。
何がって、内容です。
問題があるとレッテルを貼られた子どもを扱ってきたキャリアは尊敬しますが、とにかく「母親が悪い」。
話の立脚点が子どもオンリーならそれもなんとかこらえるのですが、妙に親の立場にもどったり、聞き苦しいことこの上ないのです。
「ちょっと待て」と突っ込み入れようかとも思ったのですが、母親と思しき人たちががりがりとメモ取っているし、みんな一語一句逃さぬよう聞いているみたいではばかりがありました。
私から見ると、オヤジが若い子受けする話を自分の体験を交えてトクトクとしゃべっているとしか、それも親を悪者にして。
私だって子育て支援の仕事をしている関係上、「このバカ親が」と思うことだってあります。
だからバカ親どもがどんなものかもイメージできるつもりです。
でも親のモチベーション下げて、子どもが幸せになりますか。
問題は問題、と認識させることとモチベーションを下げることは別物だと思います。

またあんな親を否定する話聞いて、若い男の子たちは母親というものをどう捉えたでしょうか。
「愚かな母」とイメージされ、将来自分の妻が愚かな子育てをしていると思ったらそう言って母親を貶めることを言うことだってあるでしょう。
若い女の子たちは、「私はそんな母親になるまい」と思ったのではないでしょうか。
彼らが親になって、理想の子育てができれば苦労はしませんが、自分が思い描いていたような親になれないとわかった時、どうなるのでしょうか。
「私さえしっかりすれば」と自分を追い込んだ時のことを考えると、私はぞっとします。

バカな奴が、まだこんなこと言っているで切り捨てられなくて、ずいぶん不愉快を引きずってしました。それが私の問題点。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-15 19:52
心理学の統計からの性格判断なら
エコグラム

性格
理想を厳しく追及するタイプですが、残念な事に、なり振り構わない行動を取れない性格なのです。何か事を起したり、事を進めたりする時に、世間の評判や自分のライフ・スタイルを非常に気にする所が有ります。泥にまみれたり、仕事の鬼になったりする事が出来ないのです。仕事は大成功させたいし、自分の楽しみは捨てたくないし、他人には良く思われたいと云う、かなり欲張った願望を持つ傾向がありますので、現時点で何が一番重要なのか、ポイントを一つに絞り、それに向かって遮二無二、突撃する必要が有りそうなタイプです。

恋愛・結婚
貴方が男で有っても、女で有っても、責任感は強いが、口喧しくて、我儘で、それで居ながら、物凄く気配りに細やかな所のある神経質なタイプです。結婚で幸せになれるかどうかは、一に相手との相性にかかっているでしょう。相手の配偶者として一番ピッタリのタイプは、優しい性格の、のんびり屋さんです。

職業適性
気質特性から見て、才能次第では、芸能や芸術方面で活躍が期待出来そうです。企画や広告宣伝、報道出版関係なども向いていそうな性格です。文筆家なども良いでしょう。不向きな職業としては、警察官、刑務官などの治安関係公務員、軍人、宗教家などでしょう。

対人関係
理想が高く責任感が強くて他人に厳しい。
我儘で自由奔放、表現力や想像力が優れていて感情の落差が激しい。
神経質で意外な程、他人を気にする性質、端的に云うと、イイ子になりたがり屋。
以上のように、相反する内容の性格特性を持っていますので、人付き合いでは、いかにバランスを取って行くかが問題でしょう。

以前も私はこの結果を得ましたが、たとえば夫や子どもなど、近しい関係の他人が私を分析したら恐らく違う結果になるでしょう。
「そうそう」とも言われそうです。
おーい、どっちだい?

私としては、自分が父親であれ母親であれ、親的な点数が比較的高いことにびっくりしました。
大人としての自分が高いのは、そうやって生き延びてきたからだとしみじみ思いました。
もっとやんちゃな子ども部分を高くしてみたい。
[PR]
by a-tenar | 2006-07-14 22:58
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧