<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
イッセー尾形が公卿に見えて
b0006210_14544728.jpg

太陽
太陽 The Sun
監督・撮影:アレクサンドル・ソクーロフ
製作・音楽:アンドレイ・シグレ
脚本:ユーリー・アラボフ
出演:イッセー尾形、佐野史郎、桃井かおり、ロバート・ドーソン
2005年 ロシア、イタリア、フランス、スイス

天皇とは、宮城のごく深いところで幾重にも人に傅かれているもの。
父親は言うまでも無く母親も似たようなお血筋で、天皇家と同じくらいの歴史をもつお公卿集や女房たちに囲まれて、宮城の奥深く大事に傅かれているのかと思っていました。
でも人に生まれたからにはそれなりの現世の悩み、はあるにしろ、わからない。
この映画で現実ではないにしろ、その一端を垣間見たような気になりました。

自分がその選択をすることで、誰にどのような影響があるかとしばしば悩む姿に孤独な帝王を感じました。
焼け野原になった東京などおそらく見たことはなかったでしょうに、リアルな悪夢を見てうなされ、そして悩む。
ここにアメリカは来るのか?
いえ、陛下。日本人が1人でも生き残っていればそのようなことにはなりません。
そうか、それでは私が生き残っている最後の日本人になりはしないかね?
侍従は答えず、
「誰も私のことを愛してくれない」
と呟く天皇。
いえ、陛下。皇族が、ご家族が、一般国民が陛下を愛しております。

私はここで、場にはいない皇族や皇后、子どもたち、それに生身の天皇にあったことも無い一般市民を持ち出されて、今ここに自分に傅いている侍従たちが天皇を愛していたかどうか、語られなかったのがおかしく、ひどい孤独を感じました。
いつも人に見られていながら、一人ぼっち。
たまんないですね、やりきれない。

歴代の天皇はこの孤独を経験したかもしれませんが、昭和天皇は未曾有の敗戦に臨んでことに当たらなければならない。
最後に若い側近の自決を聞いた皇后、桃井かおりの表情は何を表現したかったのでしょうか?
一番天皇自身を愛しているはずの妻の顔に、私は憎しみめいたものを感じたからです。
でも彼女は天皇をその場から連れさるので、行動では夫をかばっているような。
神の妻から人間宣言をした天皇の正妃、はその時何を考えていたのでしょうか。

バックの音、というかペンの音、筆を使っていてもわざと(?)マジックで筆記しているような音を出していたり、クラシックのような前衛のようなチェロ、ラジオのノイズのような音にも面白みを感じました。

「太陽」のソクーロフ監督、昭和天皇を語る
[PR]
by a-tenar | 2006-12-30 14:54 | Movies
おいしそうな匂いの漂う感じ
b0006210_2241516.jpg

かもめ食堂
監督・脚本 : 荻上直子
出演 : 小林聡美 、 片桐はいり 、 もたいまさこ 、 マルック・ペルトラ 、 ヤルッコ・ニエミ
2005年 日本

帰宅して「はあ、これで休みだ」と「ラストデイズ」を見ていたら、仕事のトラブルが発覚。
目の前の画面では訳のわかんない独り言でうろうろする男がいるし、仕事収めだというのに対応に追われるし・・・。
ついつい、「ラストデイズ」を打ち切ってこちらにしました。
始めからほんわり感が漂います。
サチコさんの淹れるコーヒーの香り、海辺の香り、しゃけを焼く匂い、
この映画をすすめてくれた人は
「おにぎりを用意して。食べたくなるよ」
と言っていましたが、私は鮭の焼いたの食べたい、あれくらい分厚いの。
それにキャベツのお漬物に、甘い卵焼き。

サチコさんの生き方は自分の中心をしっかり見据え、ぶれない。
みどりさんは片桐はいりにしては大人しい役どころ?
まさこさんのキャラクターが結構好きです。
これは「フライド・グリーン・トマト」の日本版じゃないでしょうかね?
でも「バベットの晩餐会」の要素もあり。
スタッフも女性が多いし、女性好みの丁寧な映画という気がします。

気になっているのはまさこさんのキノコ。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-28 22:47 | Movies
慌しさの中で
b0006210_11244718.jpg

フィラデルフィア Philadelphia1993年、アメリカ
キャスト:Tom Hanks トム・ハンクス (Andrew Beckett)
Denzel Washington デンゼル・ワシントン (Joe Miller)
Jason Robards (2) ジェイソン・ロバーズ(2) (Charles Wheeler)
Mary Steenburgen メアリー・スティーンバージェン (Belida Conine)
Antonio Banderas アントニオ・バンデラス (Miguel Alvarez)

ストリーツ・オブ・フィラデルフィア(Streets Of Philadelphia)
ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen
b0006210_11142652.jpg
時間をみつけては掃除など始め、まだ師走という実感がないまま今年もあと数日になりました。クリスマスまでは盛大にヘンデルのメサイア、「ハレルヤ・コーラス」など聴いていましたが、昨夜はふっとこのCDに手が伸びて聴き入ってしまいました。

この曲は、映画「フィラデルフィア」のタイトル曲で、この曲でアカデミー賞受賞しています。
キャストもそうそうたる顔ぶれで、裁判ものでありながら善悪がどうという内容ではありません。

この曲を聴いていると、アンディがジョーの法律事務所を出た後、深い哀しみと疲れを滲ませてしばし佇むシーンを思い出します。
将来を約束されたエリート弁護士から失業、しかもエイズを病んでいる身で闘う相手は病気か、差別か。決してひるまなかったアンディがふっと見せるこの表情が、忘れがたい印象になっています。
この曲のエンディングの静かなハーモニーは、都会に生きている人間の孤独とかすかに人間のつながりも感じさせて、年の暮れにふさわしいかな。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-27 11:24 | Movies
クリスマス、その2
before.
b0006210_20143538.jpg

after.
b0006210_857303.jpg

廃墟。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-26 20:15
クリスマス
叔父・叔母にクリスマス・ディナーのお呼ばれ。
アメリカ暮しが長く、家もディナーも本格的。
宴の前。
b0006210_20165255.jpg

七面鳥登場。
b0006210_20171336.jpg

宴の後。「ヘンリーⅥ」は誰?
b0006210_20182025.jpg

[PR]
by a-tenar | 2006-12-26 19:16
クリスマスに
HEIWAの鐘
作曲・作詞 仲里 幸広           
編曲 白石 哲也  

歌詞はこちら

メロディーはこちら

♪ぼくらの生まれたこの地球(ホシ)に 
  奇跡を起こしてみないか♪ 

のところが大好きです。
奇跡って大層なことのような気になりますが、なんも。
ただ家族や友人など身近な人のきもちを疑わず、平和に暮せるか
私にとってはこれって、奇跡です(きっぱり)。
人のきもちほど移ろいやすいものはなく、自分にいいことをしてくれる人にきもちが傾くのは道理かもしれない。
でも大人が本気で、この星に生まれる次世代に何を残していくのかってことを考えないと、常に。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-25 22:16 | お気に入り
勇気付けられた曲
COSMOS
詞・曲/ミマス

子どもの合唱祭で初めて知りました。
まず歌詞にそしてメロディーに、忘れがたい印象を持ちました。
どれだけ勇気付けられたか。
私はオリジナルより、富澤裕氏より編曲混声三部合唱の方が好きです。
重低音の威力というか(笑)、混声の方がぐーっと来るものがあるんですよ。

歌詞を見たい方はこちら

歌っているユニット、アクアマリン オフィシャルサイトはこちら。

もしあなたが合唱で歌うことになったら、こちら必見。合唱曲「COSMOS」をすてきにしあげるとっておきの方法。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-24 22:00 | お気に入り
極限の切なさ
ヒトラー 最期の12日間 Der Untergang
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
アドルフ・ヒトラー(総統)…ブルーノ・ガンツ
トラウドゥル・ユンゲ(ヒトラーの秘書)…アレクサンドラ・マリア・ララ
マグダ・ゲッベルス(ゲッベルス夫人) …コリンナ・ハルフォーフ
ヨーゼフ・ゲッベルス(宣伝相) …ウルリッヒ・マテス
エヴァ・ブラウン(ヒトラー夫人) … ユリアーネ・ケーラー
2004年 ドイツ・オーストリア・イタリア共同制作

やっと、やっとレンタルすることができて見ました。
ベルリン陥落直前、敗戦国の首都に迫る切なさ、人々の混乱がが生々しく迫ってきた秀作です。
怪物、独裁者、狂気、そんなことばが当てはまるヒトラーとはどんな人物だったのか、とても気になってきました。
映画を見ている限り、私の身近にもいるような人で決して特別なモンスターではないような。
美化する気は毛頭ありませんが、なんと孤独で人間臭い人かと思います。
面接でかちかちに緊張してタイプミスをしてしまった秘書候補に優しくやりなおしを命じたり、料理人に「今日の食事もおいしかったです」ときちんと礼を言ったり。
たかがこんなことかもしれませんが、現実にはヒトラーとは比べられないほど「善良な市民」のはずの男性上司から、ここまで人格否定するか?って思うほどのことを言われている身には、どっちが独裁者なんじゃと言いたくもなりました。

比べたらいけないけど、私にとっては「硫黄島からの手紙」より戦時を身近に感じた作品です。
b0006210_10234321.jpg

[PR]
by a-tenar | 2006-12-21 10:10 | Movies
目が釘付け
今日、地下鉄で乗り合わせた50代くらいの男性に目が釘付けになりました。
三浦知良にそっくりで、こんな地下鉄でなければ絶対そうだと思ったくらい。
(カズって地下鉄なんか乗らないよね?)
髪型もカズっぽいけど、違うのはビジネスマンって格好です。
でもそれがビシビシ決まっていました。

コートは厚いグレーのカシミヤっぽい大人の雰囲気。
それに濃いグレーのマフラーを、私ならできない複雑な巻き方でさりげなく。
バッグはどこかと目を凝らしましたが、イギリスのものかイタリア・ブランドか判別できず。
うーん、殿方ブランドが弱いとはいえここまでわからなかったのは初めてです。
靴がまたピカピカで、あれはイタリアのブランドぽかったです。
会社の同僚なのか、隣の人とにこやかにおしゃべりしながら座っていました。

大人の男のオーラが発散されていて、私は気になって仕方なかったので(!)、ずっと観察していました。
んもうっカッコいい!と見ているうちにふっと思いました。
すてきな人だけど、こういう人とは結婚できないだろうな、と。

男の人でここまでこだわる人の日常。
そんな人の私生活なんて想像するしかないんですが、私の知っているおしゃれな男の人の事例で靴の減り方を均等にするために歩き方まで変えるような人たちがいます。
イタリアの工房まで細かくパーツを指定して、かばんや靴を誂える人も。
夫にしたら私にとってはしんどい、見てるだけが一番。
[PR]
by a-tenar | 2006-12-19 22:50
手作り餃子パーティー
今日は仕事仲間を家に呼んで、手作り餃子パーティー。
強力粉と薄力粉の割合2:1にして、1回目。
2回目は粉の割合を1:1にしましたが、1回目のもちもち感は良くて3回目4回目は戻しました。
具は豚肉、白菜、きゃべつ、にら、にんにく、しょうがを細かく細かく刻んで。
焼き餃子と水餃子にしました。
餃子を大きくしたり、小さくしたり、ひまわりにしたり、具に何を詰めたかわからないミステリー餃子も登場。
これはサイド・メニューで作ったおつまみから、作り手のセンス(?)で選んで食べてびっくり。
サイドで作ったのは、
青梗菜とあさりの炒め物
クラッカーとクリームチーズ
りんごとセロリとくるみのサラダ
でした。
残りの皮はねぎとごま油をまぶして焼いたり、チーズを包んで焼いたり。
みんなでわいわい言いながら作って、食べて、飲んで楽しかったです。
b0006210_143922100.jpg

[PR]
by a-tenar | 2006-12-18 14:35 | 食べもの
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧