<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
赤い彗星だっ!
b0006210_138599.jpg

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 上下
皆川ゆか
講談社 2006年
ISBN-13: 978-4063646757

子どものおつきあいだったガンダム。
私の場合ファースト・ガンダムどまりですが、登場人物にとても魅力を感じています。
「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」は、子どもから借りてしっくり読み込み。
大嫌いな女の典型だったミライ・ヤシマなんですが今は結構好き。
同じくイセリナ・エッセンバッハもまだあんまり好きじゃないけど、彼女、ガルマ様の仇を取るような動きをするんでしょ?
案外私、ころっと変わるかも。
結構好きな女性にクラウレ・ハモンがいたけど、案外古風なタイプなんで飽きてきました。
そして、ガルマ・ザビ。
坊ちゃん育ちの男に振り回されることの多い私(!)、どうせボンならいっそガルマ様くらいがいいわぁ。

ところでシャア。
ガンダムを知らなくても、あの異様なマスク姿の赤い軍服の男は誰もがわかるってくらいインパクトがある。
そのシャア、人物は一流でありながら才能だけは二流だった・・・、
それを見てこの本借りてきました。
面白かったけど、やっぱりシャアがわからない。
仮面の男、常に何かを演じているってところが私なりにもっと掘り下げてみたいですね。
[PR]
by a-tenar | 2007-07-31 13:08 |
こっぱずかしさはあるけど
乙女の京都 (マーブルブックス)
甲斐 みのり
マーブルトロン 2005年
ISBN-13: 978-4123901161

今更「乙女」になりたいとも思いませんが、著者は乙女のことを
かわいい、きれいを追求する心の持ち主、
と定義。
かわいいもの、きれいなもの、のオン・パレードで、当初乙女おとめした感じの文がこっぱずかしっかったのが、どこへやら。
今度京都行ったらこれはチェックしておこう、これは誰へのお土産にしようか、とかあれこれ考えながら楽しく読みました。
ちょうどいい厚さだし、少しマイナーなものも、メジャーなものでもちょっとした著者のコメントが面白くていい感じの本です。
b0006210_22431585.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-07-29 22:41 |
ほんと、15分
b0006210_22374238.jpg15分でパパッとおいしい!人気のパスタ56 (TJ mook)
渡辺 有子
宝島社
ISBN-13: 978-4796646512

前にもパスタの本のことを書きましたが、これもまたおすすめ。
タイトル通り。
2種類から3種類の具剤でパパッとおいしそうなパスタのできあがり。
「ペッパーとオリーブ、スモークサーモンのスパゲッティーニ」
「ひよこ豆とベーコンのフジッリ」
は近日試して見るつもり。
[PR]
by a-tenar | 2007-07-29 22:40 |
息をのむ
ありがとう
監督 : 万田邦敏
出演 : 赤井秀和 、 田中好子 、 薬師丸ひろ子
2006年 日本

地震のシーンでした。
新潟の地震も生々しい時で、こちらとて大地震が必ず来ると警戒態勢を取っている地域に住む身、決して他人事ではありません。
この地震、それに復興の前半と、プロゴルファーになるまでの後半をしっかり分けたので良かったかなという気がします。
田中好子演じる妻の嫌味な科白に、一緒に観ていた子ども達がニヤニヤ。
どこの奥さんも同じようなこと言うな~。
古市さんは実際、あのように礼をされるそうです。
ちょっとしたことだけど、お人柄が出ているエピソードだと思いました。

ちょっと不満だったのは、ゴルフ・シーンのグラフィックス。
緊迫した雰囲気は出ているけど、ゴルフのシーンとしてはおもしろくないんじゃないでしょうか。
b0006210_2052445.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-07-20 20:49 | Movies
どうだった?
延期になって、
「ホント、来るのかな~」のガンズ。
アクセル・ローズが無事(?!)来日したというニュースは見たんで、公演も無事行われたんでしょうが。
公演の評を全然見ないけど、どうだったのかな?
[PR]
by a-tenar | 2007-07-18 20:47 | お気に入り
直後
生きるためのひとこと
晴佐久昌英
2007年 女子パウロ会
ISBN-13: 978-4789606318

これを読んでほーっとして、その翌日新潟の地震が起きました。
なんで、また、新潟?
亡くなった方、また命からがら身一つで力を落とされている方を見るたびにこの本のエピソードを思い出しました。
どうぞ、お大事に。b0006210_2044156.jpg
[PR]
by a-tenar | 2007-07-17 22:25 |
なるか?
私、8月になるとグリーンに囲まれていたくなる傾向が。
去年、それで金魚の水槽にホテイアオイを何回か、それに睡蓮を入れてみたけどどっちも根付かず、またお金の無駄だなあと今年はきもちを押さえていました。
ところが。
職場にあるグリーン、「パキラ」の枯れかけがせっせと水遣りするうちに元気になって、私は枯らすばかりと引いていたのがやってみようと前向き姿勢に。
いくつか気に入ったものをピックアップして、初心者でも大丈夫そうなもので注文。
大雨の中、無事届きました。
ドライバーさん、ありがとう!

アヌビアス・バルテリー
アマゾン・フロッグピット
アマゾンドード
アマゾンチドメグサ
b0006210_2219034.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-07-15 22:20 | お気に入り
世界に羽ばたく人は
パリ・オペラ座のバレリーナ きれいに生きるための12のレッスン
ミテキ・クドー
新書館 2007年 
ISBN-13: 978-4403320279

b0006210_22233180.jpgパリ・オペラ座の顔、と云われるトップ・ダンサーは家庭を大事にし、家族を一番大切に思っている普通の女性。
でも心がけが違う、って気がしました。
たとえば。
「バレエは豊かで素晴らしい芸術であると同時に、文化、芸術、テクニック、解剖学、栄養学、医学、音楽、演劇など多岐にわたる分野の知識が要求される芸術です」(本書P.16)
と言うように、彼女のアドバイスも多岐にわたっています。
本屋さんでパラパラっと立ち読みした時、ダンサーでもない私でも、これは役立つんばと思うことが何点かあったのでじっくり読みたいと思っていました。

当たり前かもしれないけどただダンスが好きだけでも、才能があるだけでも、努力だけでもダメなんですよね~。
その点この人はポントワの娘ということで才能もあったけど、メリットもデメリットもありそれを受け入れなお自分でも努力を重ねて、キャリアもほどほどに家庭を大事にした、そのバランス感覚が稀有な人のような気もします。
お子さんたちもそれぞれパリ・オペラ座バレエ学校に入学されたのかな?
もうすぐ親子三代ダンサー、も夢ではないとか。
本当に自分でやりたいことを掴み取っていく、ミテキの生き方を知っている子ども達がどんなダンサーになるのか、も楽しみです。
[PR]
by a-tenar | 2007-07-15 22:20 |
「神々の食」
神々の食
池澤夏樹
文藝春秋 2006年
ISBN-13: 978-4163597003

沖縄本は多く出ていますが、これ変わってるぅ、わあな~に?おいしっ!の視点はあっても、心底沖縄の食べ物を愛おしそうに書いている人って多くないと思っています。

池澤夏樹の作品はまだ数本しか読んでいないけれど、これは秀作でした。
いかにもおいしそうに、作り手のことも書いてあって、ああ沖縄の食べ物っていいなあと私は素直に思えたんですが。

沖縄ではまだ労働が神聖、の件は良いですね。
でも美少女たちを退屈させないように、アイスクリンをもっと買おう、にも○。
b0006210_21194814.jpg
[PR]
by a-tenar | 2007-07-11 19:36 |
ムッシュの思い出
b0006210_18352395.jpg帝国ホテル厨房物語 私の履歴書
村上信夫
日本経済新聞社 2002年
ISBN-13: 978-4532164140

コックさんの一代記は好き。
やっぱり「超」がつくコックさんだと文も読ませるし、趣味が多いせいか狭い話にならず、専門が違っても今日から役に立ちそうな、ちょっとした話が載っているので。
「ムッシュ村上」はテレビで見ていて、この人軽いのかな~と思うくらいやさしく、わかりやすく、を心がけていました。
本を読むと本人はいろいろあったんだなぁ、って。
生まれ変わってもフランス料理のコックになりたい。
そう言い切ることのできる、人生の輝かしさ。
[PR]
by a-tenar | 2007-07-10 18:31 |
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧