<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
あこがれの
「太郎」、お友だちのご両親にここでご馳走になって以来
「本郷亭のラーメン食いたい、あれこそ本物!」
と口走るように。
それで今日、行ってきました。

らーめん本郷亭 長久手店
愛知県愛知郡長久手町井堀111
0561-61-1155

6時頃行ったのに、もう行列で結構ボリュームがあると聞いてたから男の人向き?と想像裏切られ、若い女性たち、カップル、親子連れ、万人に支持されている様子。
「白湯」、「四川」、「しょうゆ」を頼んだ家族から少しずつもらって味見しましたが、ほんとどれも美味しくてやみつきになるきもち、わかります。
濃厚なスープで、麺ものびてもまだコシがある感じ。
チャーシュー、3枚?座布団みたいな。
食べるのに忙しくて、画像撮るの忘れてしまったくらいです。
近くにあったら、ぜひ。
[PR]
by a-tenar | 2007-09-24 22:00
秋の恒例

b0006210_21532494.jpg
芋ほりで汗をかいて、近くのヤナへ。

今回、ヤナにはワンちゃんがいました。
「太郎」命名で「きゃんきゃん」、まぁ、ほんとによく吠えるんですわ。
この「きゃんきゃん」、人を選ぶらしくお客の中でおじさん一人には尻尾ふっての大サービス。
ところが若い娘が近寄って「きゃんきゃん」。
夫が近寄ったところ、見向きもされず。
[PR]
by a-tenar | 2007-09-24 21:26
不朽の名作?
タイタニック TITANIC
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ 、ケイト・ウィンスレット 、キャシー・ベイツ

タイタニック最後の晩餐メニューを見ていたら、映画が見たくなり・・・。
この映画、何回も見たので今さらなんですが、今回も始めから終わりまで通して見てしまいました。
この映画を最初に見た時は、沈没寸前の人模様。
ついでローズの思い切りの良さに反感に近い感情を。
そしてラブ・ストーリーとして楽しんだ覚えもあり。
今回は、ローズの婚約者キャルが憎めませんでした。
彼なりに精一杯ローズを愛しているつもりなんだけど、お坊ちゃまだから人を愛することに慣れていない上、感情表現が下手なのでよけい彼女の反感を買ってしまう。
どうしていいかわからないから、彼の武器であるところの名誉と金で彼女の関心を引こうとするけど、ローズはそういう世界に飽き飽きしているから逆効果。
ローズがジャックにヌードを描いてもらった後、金庫に絵とともにしまったメッセージ。
「私も金庫に保管したら?」
保管できるものなら保管したかったでしょうね、キャル。

ジャックはまた、的確な指示を即座に出せる上司にしたいタイプ。
浸水が、「さあこっちだ」
逃げる、どっちへ?「ねずみが逃げる方向に」
合間合間に「きみならできる」
「きみはこんなところで死ぬんじゃない、長生きして暖かいベッドの上で死ぬんだ」
困っている時、どうしていいかわからない時、こういうこと言ってくれる人って、大好き。


b0006210_2044535.jpg
[PR]
by a-tenar | 2007-09-23 13:40 | Movies
自分に手紙を書く
新・異邦人の夢
島田荘司
徳間文庫 1998年

この中に、17歳だった島田少年が20年後の、37歳の自分にあてて手紙を書いていた話があります(「タイムマシン」)。
20年前の自分からのメッセージ。
生きているのは楽しいか、人生の答えを解決したか、
の問いかけ。

これは面白い、早速島田氏にならって20年後の自分にメッセージを書いてみようかと思っています。
[PR]
by a-tenar | 2007-09-21 20:35 |
時を越えて
タイタニックの最後の晩餐―豪華航路のディナーとレシピ
リック アーチボルド, ダナ マッコリー
国書刊行会 1999年
ISBN-13: 978-4336041265

なんでこんなに私はタイタニックに惹かれるんだろう?と思っていたら、著者はタイタニック号が豪奢でセレブの生活がわかり、ファッション、グルメ、悲劇のドラマ、など好奇心を刺激するありとあらゆる要素が入っているから、と簡単に分析。
なるほど。

内容はタイタニックの贅を尽くしたダイニングで供された食事を、生存者の証言や仕入れ、残ったメニューから再現。
生存者の一人に取材時、キャビアの缶詰(瓶詰め?)を持っていったところ、
「これはキャビアなのかしら?」
とのこと。
当時の保存も、殺菌もまったく今と違ったキャビアの味は今のものとはまったく違っているのだろう、とのこと。
おそらくは当時の方がお味は良かったのだろう、と。

スープ一つとっても丁寧に作っていますもん。
これだけの手間を今はとてもじゃないけど、かけられない。
かけたとしても土が違い、水が違い、品種改良の進んだ今では似て似つかざるものになっているのでしょう。b0006210_21234429.jpg
[PR]
by a-tenar | 2007-09-20 10:34 |
とっておき
以前書いたかもしれませんが、子どものときおとなになったらアップル・パイを好きな時に好きなだけ買って食べ、板チョコレートに囲まれて暮す夢がありました。

おとなになった今、それ健康的にも無理ありますが、やってみたいことではなくなってしまいました~。

そんな中で、カフェ「DEAN & DELUCA」で見かけた「ニューイングランド・クランベリー・ケーキ」。
本当はカフェでおいしいお茶といただきたかったのですが、テーク・アウトでGet!

b0006210_2054825.jpg

こがれていたんで、一口削って食べちゃってから写真撮影。
よってすこぅし薄いです。
Matsunosuke(松之助)」というケーキ屋さんのものだとわかりました。
どれも美味しそうだけど、どれもお高い。
また楽しみが先にできました。
[PR]
by a-tenar | 2007-09-17 20:45 | 食べもの
効果はいかに
トルマリン枕

肩こりがひどくなって、ゲルマニウムとかトルマリンとか、本当にいいのかな?
だけどあのじゃらじゃらしたネックレス、ブレスレットって抵抗ある、と思っていました。
枕や寝具もネットで見ても結構なお値段で、これでダメだったとなると悲しいし・・・。
これは旅先で1500円でみつけた枕。
中心にトルマリン(250g)、両サイドに緑茶(200g)がつまっているそうです。
最初の晩は文字通り「枕が変わった」せいか、ぐっすりとはいきませんでしたが2晩目からはよく眠れています。
金指ガーデンのもので、緑茶の香りが薄れても効果はあるそうです。
b0006210_1439134.jpg

[PR]
by a-tenar | 2007-09-13 13:47 | お気に入り
これ、効くんだゎ
b0006210_8511657.jpg
これも、温泉で見つけたんです。
結構どこの温泉でもみかけません?
今回初めて使ってみて、効果絶大にびっくり!
じっくり足浴みたいに温泉に入っていたのが良かったのか(それは私の「旅ページ」で)、このツボ押しとは別れられん、と買ってきました(^_^)

ツボきーく、2,100円。
寝っころがりながら、痛いところのツボが押せるのと自分で加減しながらできるのがお気に入りの理由。
[PR]
by a-tenar | 2007-09-13 08:28 | お気に入り
雑学のススメ
b0006210_20182160.jpgプロは語る。―とっておきの知恵
サマンサ・エトゥス
ISBN-13: 978-4757211391
アスペクト 2005年

前述の温泉で、「ファラオの墓」と一緒に借りてきた本。
日常のちょっとしたヒントを、その道のプロがそれぞれ語ってそれをまとめた内容で、今すぐ役にたつこともあれば、今はちょっとということもあるけど、温泉でぼけーっと読むには最適な本でした。
私にはすぐに役にたったのは呼吸法、レシピに、仕事していく上でのこまごまとしたこと。
占いじゃないけど、自分に良さそうと思ったことを一つ一つ実践していったらいいかな、程度に考えています。
[PR]
by a-tenar | 2007-09-12 20:14 |
クールな男、賢い王
ファラオの墓
竹宮 恵子 1974年~1976年

ふらっと訪れた温泉のロビーの本棚でみつけました。
1巻だけでしたけど、あまりの懐かしさに借りて読みました。
このマンガを始めて読んだのは、中学生の時。
本屋で立ち読みし、お小遣いを握りしめて1冊ずつ買っていきました。
それほど夢中になったのに、竹宮さん独特の匂いというか作風に少し違和感があったのも事実。
今読んでみると、その違和感は感じなくて職人芸みたいなものを感じました。

その後の細かいエピソードは覚えていないんですが・・・。
前半の王子サリオキスの苦難は、これでもかこれでもか、なんですがこれも後で隣国やら民達からも王として認められる力量の持ち主になることを思えばおさまるというか。
気楽な次男坊が甘ったれた考えを捨てざるを得ないところなど、どこかの元首相に読ませたい(?)
一方意味もなく隣国に攻め入り滅ぼした、と思われる蛇王スネフェルは、王としての器量を持ちながら父王を慕う重臣達から認められず、破滅の道を突き進んでいきます。
その道筋には、サリオキスの生き別れた妹ナイルキア姫が。
その切ない恋物語と、スネフェル王の婚約者アンケスエン姫のひっそりとしたサリオキスへの思い、サリオキス王子の支援者アビドス王の愛娘、アウラ・メサ姫の明るい恋など様々な思いが生き生きと描かれます。
また脇役の大人たちがしぶ~く光る。
ナイルキア姫を敵国の王女と知らず引き取ったメネプ神官。
先王の横恋慕により家族から生木を引き裂くようにして連れてこられたメリエト皇太后。
そのためか、生まれてきたスネフェルに愛を注ぐことができずに、将来の悲劇を招くことになります。
些細な選択から、一生を左右するようなできごとまで、それぞれの人生がその場その時に交わり、また離れていく。
やっぱりサリオキスは、クールというか情に左右されず賢く生きるところが私にはちょっといただけないんだけど、恋人じゃなくて国を治めるリーダーならいいか、と思った次第です。b0006210_21102293.jpg
[PR]
by a-tenar | 2007-09-11 20:33 |
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧