<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ごはんの友
って、なんの話だと思います?
オニザキの醤油ごま、今うちの食卓に必需です。
b0006210_20205525.gif
香ばしくって、白いごはんとの相性が抜群。
お店ではあまりみかけませんが、オニザキのサイトからオンラインで入手可能です。
なんの変哲もないただのごまっぽいけど、ぜひ一度お試しあれ。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-31 21:05 | 食べもの
和のおみやげ
職場に何人か、アジアからの留学生かいます。
彼ら彼女らは帰国するたびに、実にまめまめしく手土産を買ってきてはくれるので、
こちらもトーキョーに行ったからには、実に日本っぽい粋なものをお土産にあげたいな・・・。
でも、どこにしよう?
お金を出せばなんでも買えますが、それではもらう方も気がひけてしまうでしょう。
気軽に買えて、面白いもの。
それで思い浮かんだのが、てぬぐいの店「かまわぬ」。
調べたら、今は東京駅構内にもt「まめぐい」の店出していて、目と鼻の新丸ビルにも店舗があるので、気に入るものがみつかるまで選べるぞ、と期待大です。

「まめぐい」。
その名の通り、小さな手ぬぐいでハンカチサイズ。
これにちょっとしたものを包んできちっと風呂敷包みにしたら、すてきなプレゼントです。
ちょっとしたものも、おままごとのような道具からあめやお茶など取り揃えているので、まめぐい1枚が400円~500円くらい、それだけかそれに包むもの300円くらいからを自由にアレンジして楽しめます。
いろんな柄があるので、あの人にはこれがぴったりと思い浮かべながら選ぶには楽しいですよ。
新丸ビルの方の店にも行きました。
こちらは千円前後からのてぬぐいが中心です。
ベビーの肌着やブルマーなどもあるので、誰が妊娠中だ?男の子女の子などと思い出しながら。
面白いのは傷ものてぬぐいを使ったバッグ、確か500円程度のもの、これはいいなと思ったんですがこれという柄がなかったのと、サイズが中途半端で買うにはいたりませんでした。
それから、てぬぐいってこんな風にも使えるよあんな風にも使えるよ、と写真を撮りたかったのですが、お店の人から断られてしまいました。
今の世の中、どんなふうに使われるかと心配するのがごもっともと、と思いましたがこのお店のディスプレイすてきなんだよ、と写真を撮られるお店のメリットも考えて欲しかったなあとつくづく惜しく思います。
こんなふうに考えるのは無防備なのかしら?

ともあれお土産はじっくり選んでここで買い、英語のリーフレットもつけてもらいました。
とりあえずは安心。
b0006210_18151318.jpg

[PR]
by a-tenar | 2008-01-30 18:15 | お店
香港発
b0006210_135669.jpg

香港に展開しているお店の、3店にしか行ったことはないけど、行けば必ず覗くことにしているお気に入り。
高い、とはいうけどそれなりのものを提供しているイメージがある。
今回、どうしても行っておきたかったのが日本で唯一のお店、銀座店へ。
店構えは小さいし、品物数も少ないけどなつかしさ、それに銀座でショッピングの雰囲気もあて楽しかった。
何かフレグランスと、バッグか小物を買おうか、で買ったのはこのお財布。
b0006210_13585637.jpg
色がいかにも「シャンハイタ~ン」って感じ。
地方暮しと考えて三色あるうちの、地味めなグレーを選んだけどこれが裏は上海灘の赤、なんですよ。
b0006210_135928100.jpg
派手なお財布に目をつけるのは、福の神さまでありますように・・・。
上海灘
[PR]
by a-tenar | 2008-01-28 19:34 | お店
お誕生ケーキ
「三郎」のお誕生日が近くて、
「ケーキは何がいい?」って聞いたら、「生チョコのケーキ」が良いそうです。
どこがいいかなぁ、と考えてはいました。
まぁ、久しぶりの銀座の「マキシム・ド・パリ」を通ったら、あるじゃないですか。
こっちのマキシムは「ミルフィーユ」しか作っていないので、やった!
保冷剤をばんばんにきかせてもらい、持ち帰りましたよはるばる新幹線で。
b0006210_1642744.jpg

[PR]
by a-tenar | 2008-01-27 16:35 | 食べもの
どうなる?鞍馬天狗
鞍馬天狗
NHK木曜テレビ時代劇

鞍馬天狗、って私には不思議な魅力のある作品です。
独身時代に初めて呼んだ時は単純なチャンバラもの、くらいな認識で、ドキドキはらはらの作品が好きでした。
でも結婚した後は鞍馬天狗の、現作者の書くところの「さっぱりとした男らしさ」が鼻につくようになっちゃって。
きれいで気風の良い、深川芸者の姐さんたちがいくら惚れこんでもびくともしない。
それってとってもクール、っていうか人と係わり合いになりたくないだけの無関心のような気がして、イヤでした。
それが、最近鞍馬天狗の生き方が面白くなりました。
彼は日々成長しています。
初めは単純明快に「今の世の中を、帝を中心に世直ししたい」的、ところがだんだんと迷いが出てきて、人を殺してまで実行する正義があるのか?になります。
こうだと信じてきた主義主張を、根本からひっくり返す経験を積み重ね、苦悩しながら自分の枠を広げていく、そんな人としての鞍馬天狗がいいなと思ったりします。

それが野村萬斎の主演。
でもだいぶん物足りないんですよね、これが。
ドラマ紹介の「みどころ」は読むと期待するんですが、今のところ鞍馬天狗が中途半端のような気がします。
ハナからお公卿の設定とはっきりさせているのも、なんとなく違和感。
京野ことみの白菊姫がどうなっていくのか、そっちの方に期待が流れていきがち。

頼むぞ、鞍馬天狗。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-24 16:17
遠くを見ない生き方
プロフェッショナル 仕事の流儀
妥協なき日々に、美は宿る~坂東玉三郎~

昨日見ることができました。
一言一言が私にとって的確で、芸術家としての姿勢が強烈でした。
もっと、器用な人なのかと思っていたんですが。
才能に奉仕する生き方は、傍の凡人からみれなうらやましい限りですが、本人にとっては幸せなのかどうか。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-16 19:35
音楽テスト 2
「太郎」のイントロクイズの合間に、「You Tube」でいろんな曲を見つけてかけています。

今はカラヤン指揮のBeethoven Symphony No. 3 'Eroica' 、
その前はBeethoven Symphony No. 7。
カラヤンって生きている時はいかにもマエストロ然としているところが好きじゃなかったけど、今聞くとなかなかいいです。
年取りましたか、ね。
シンフォニーの指揮だったら私は一番好きなのは、Sergiu Celibidache。
いつぞやNHKでこの人のボレロを聴いたことがあるんですが、パーフェクト!と思いました。
ボレロってどんなうまい楽団が演奏しても思いもかけないハプニングがあったりすることってあるでしょ?
それが全然なくて安定してクライマックスへ持っていったのがとても印象に残っているんです。
カラヤンのベルリン・フィルも見苦しいところは全くないですね、さすがです。

ベートーヴェンのピアノソナタといえばWilhelm Kempff。
母はどちらかといえばケンプよりWilhelm Backhaus、もう少し後はSviatoslav Richterのがお気に入りだったようですが、レコードがケンプで揃っていて、娘が聞きたいとねだればあるものを出すしかなかったみたい。
そのせいか、私の中ではケンプが一番落ち着くんです。
ショパンだったら、断然ポリーニ。
頭にすりこまれちゃったんで、修復不能。
リストだったら、France Clidat
彼女の高音の宝石のような音も、修復できないくらい頭の中に刷り込まれちゃった。

経歴を見ていたら、それぞれ結構やんちゃな人が多いんですね。
演奏はとってもお品が良いと思うけど。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-14 20:28
音楽テスト1
「太郎」の中学における、最後のテストが今週より。
といえば聞こえがよいけど、早い話、受験に必要な内定を出すために中3だけの総合テストです。
で、「太郎」の大の苦手である技術・保健は今回、パソコン用語なので暗記でなんとかなりそう。
問題は音楽、ペーパーテスト対策を頼まれました。

音楽はイントロクイズと、音楽史。
早速「You Tube」でイントロ・クイズ対策。
有難いです、「You Tube」。
カラヤン指揮、ベルリン・フィルでBeethoven/Symphony No. 5、
Ravel/Boleroを出しました。
もっともイントロクイズだから、画像は全く関係なし。
見惚れました。カラヤンの指揮。
今見てもカリスマ・オーラいっぱいですね~。
Karl Richter のJ.S.Bach/Toccata e Fuga BWV 565
Vivaldi/Spring I はNigel Kennedy
で。
Respighi/Il pini di Roma、
Mozart/Le nozze di Figaro、
Rossini/Il Barbiere di Siviglia
Tchaikovsky/Swan Lake
は選り好みができなくて間に合わせ。
グレゴリオ聖歌も選り好みなし。
ファンからするとやっぱり歌い手を選ぶのでしょうが。

一番気分が高揚するのは、やはりこの曲。
Handel/Messiah Hallelujah

これらをブックマークに入れておいて、「ほい!」と突如かける。
飛び上がって「太郎」、答える。
この繰り返し。

しかし、普通中学に通っていて、グレゴリオ聖歌→ネウマ譜。
「オペラ・ブッファ」の意味、
ボレロで演奏される楽器の順、
とか、私は正直必要ないと思うんですがね・・・。
曲の簡単なプロフィール、時代背景がわかっていたらそれでいーじゃんと思うんですが。
学校時代に教科書を何度取り出そうと思ったことか(押入れの奥深くに残っているはず)。
ネットで簡単に検索できる時代のありがたさ。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-13 19:30
チキンスープ
頭痛の風邪をひいてしまいました。
頭痛があるのでなんとなく吐き気もあり、食欲はなくおなかの調子もなんとなく、寒気少々微熱という風邪でした。
たまたまNHK「ためしてガッテン」で、鶏の水炊きを取りあげていて、水炊き嫌いの子どもたちも「これやってみよう」と言いだしました。
もちろん私も夫も、いつだって水炊きOK、しかも楽、で早速鶏を買ってきました。

私は食べられそうもなかったけれど、丁寧に取った鶏のスープだけはいただきました。
私の好きなA.J.クイネルの作品で、麻薬漬けにされた少女が禁断症状との闘い後、鶏ガラのみならず、たくさんの野菜や豆まで入れたスープの上澄みを飲んで体力の回復をするところがあるんですが、それを地でいきました。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-12 22:13 | 食べもの
「次郎」とデート
先日、初単独デートを目前にした「次郎」とデートの下見へ。
彼はきっちり段取りをつけておかないと、気がすまないタイプのようです。
「次郎」のお蔭で、きれいな夜景を見ることができました。
これ、ピンぼけですが、ビルの排気管です。
b0006210_18215331.jpg

これが、黄昏。
b0006210_18225360.jpg
彼が、ファースト・キスに成功したかは、神のみぞ知る。
[PR]
by a-tenar | 2008-01-10 18:23
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧