<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
悔しいけど
美味しかったのは、「太郎」の作ったおでん。

今晩は残業続きなのと、出かける予定もあったので、鍋にカレーでも作っておく?が
「太郎」のおでんに。
彼は私のおでんに不満があり、よし自分がおいしいおでんを作ると豪語。
はんぺん、こんにゃくの買出しから茹で卵の皮むき、と奮闘の甲斐あり、
おいしいおでんが鍋いっぱい。

みんなが次から次へとお代わりしたので、飲み会帰りの夫は一口も食べることができなんだ。

リクエストに答える日はいつ?
[PR]
by a-tenar | 2008-03-28 21:07 | 食べもの
「悪の華」
今日、姉が送ってくれた「Rolling Stone」2007年11月号のGUNS AND ROSES特集を呼んだ。
わざわざ私が好きだから、と送ってくれたんだけど忙しくてなかなか読めなかった。
目新しい記事は特になかったんだけど、「Rocket Queen」の途中で入る女性のあえぎ声。
その記事が読んだ後も後を引いている。

あれは当時のドラマー、スティーヴンの彼女なんだそうで、その彼女はスティーヴンの浮気に腹を立てて、元々好みだったヴォーカルのアクセルの求めるままことに及び、それを録音されたんだそう。
当然「真実」を知ったスティーヴンはショックを受け、彼女もまた後悔とか羞恥心やら、様々な感情のよるショックから立ち直るのに時間を要したとのこと。
無理もない。
みんな20代で、日の出の勢いを持ったロック・バンドの彼らにモデルや女優、ストリッパーなどの彼女たちが群がるのも当たり前の話で、ドラッグも絡み・・・、の生活。
ボーイ・フレンドの浮気の腹いせに、他の男と寝ちゃうのはおバカだけど、その時の声を録音されて、それがまぁ好き嫌いはあろうとも燦然たるロックの名アルバムの、ラストを飾る曲の中で使われたきもちってものを考えろってもんだ。
私ぁ、ガンズのアクセルが大好きだ。
だけど、こういう形で一人の女の心を踏みにじった、男としてのアクセルは最低。
そう考えている私の横で、轟然と睨む表紙のアクセルと目があう。
BGMは私の大好きな「One in a million 」。
アーティストとしてのアクセルの才能を考えると、さっきの勢いは緩んでしまう。
ガンズのメンバーとして、なら「・・・・・・」になっちゃう。
ガンズというのは「悪の華」だったからなぁ・・・。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-27 21:45
泣けました
薔薇のない花屋。

実は最終回放映時、夫とやりあったっていたんで見損ないました。
「太郎」が録画しておいてくれたんで見ることができて。
雫ちゃんが、戻らないところもすごい。
「彼女」の残したビデオに泣け、それを見る舜もいい。
美桜と父の関係もいいな。
彼女が書いた、「お花屋さん」の手紙もまたとてもしみいるものでした。
当分、見ては泣けそうです。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-26 19:04
今の今まで
知らなかった・・・。

Pearl Jam / Jeremy
1991年

1991年~1993年のPVをよく見ていた記憶がある。
MTVを見ていたのは1997年頃のはずなんだけど、この頃に1993年頃製作されたPVがオンエアされていたんだろうか。
何本か強烈に残っているものがあるが、この作品もまさにそれ。

今日、ガンズがらみで「Stone Temple Pilots」のことを調べていて、なぜかこの曲がむしょうに恋しくなった。
このPVは、良くも悪くも「Pearl Jam」のその後を決めることになったはず。
そんな印象深いこの作品を、誰が撮ったのだろう?
それはわからなくても、いろんなブログを拝見していて、今日初めて知ったのは。
主人公Jeremyはみんなを殺したのではなく、自分を殺したんだ・・・?
とにかく息苦しく、周囲と浮き上がる少年なのかと思ってた。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-25 00:01
春の一品
b0006210_19432987.jpg
「太郎」合格祝。
当初はタダ券持っている某ホテルのバイキングに行くつもりが、私の体調不良でやめてもらい
子どもたちが大好き、串揚げと相成りました。
私は中座したので、最終的に何本(平均200本以上)食べたのかは知らないけど、おいしいと思ったのは串揚げじゃなくて、サラダ。
貝やえびと菜の花をさっぱりドレッシングで和えたもの。
どこがどう、とか新鮮な美味しさ、とかじゃなくて、なんだか春だな~と思って取ったら美味しくて、二度楽しい思いをしたからでしょうか。
醤油ベースではなく、フレンチ・ドレッシング系の味でした。
今度、作ってみよう。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-23 17:24 | 食べもの
真面目
b0006210_1821052.jpg獄窓記
山本 譲司
ポプラ社 2003年
ISBN-10: 459107935X
ISBN-13: 978-4591079355

政治家の不祥事にはすっかり麻痺して、この人の時だって
「自民党だけじゃなかったのか」
と思った程度でした。
その後獄中記を出版し、それがベストセラーになったことも知っていましたが、
また政治家の票稼ぎか、と思ったくらいです。
それがこの本を読んで、こんな真面目な人が政治家にいたんだと驚くことしきりです。
「あとがき」にもあるように、文章が硬くて読みにくいところがところどころありますが、
それは「刑務所の限られた字数で思いを表現するために身につけた技術」
と言われればそうかな、と納得できる程度です。
たぶんに独断的ですが、この人は決して悪人だとか悪徳政治家ではない、という感はしました。
適うなら、こういう人こそまた国政に関わってほしいと思った人も少なくないんじゃないでしょうか。
あまりにも「坊や」たちがハバきかせていますからね、今の政治界は。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-22 17:37 |
日本人の美質
b0006210_21564481.jpg
「幇」という生き方―「中国マフィア」日本人首領の手記
宮崎 学
徳間書店 1999年
ISBN-13: 978-4198610531

満州に沈む夕日を見ると、大陸の魅力に取り付かれるのか・・・。
まずそんな感慨を持ちました。
主人公・竹村は日本のスケールにおさまらない男で、活動の場を大陸に求めていくのでそう思えたのかも。

竹村が紆余曲折して帰国できて驚く、
「日本人の礼節はどこに行ったのか」
女は裸に近い格好で歩き、電車で老人に席を譲らず、大人しいとみれば絡んでくる、
島国根性というのは、大好きな島田荘司もよく指摘しています。
それに大仏次郎の「鞍馬天狗」でも・・・。

日本人はかくも敗戦前は誇り高く、礼節があったのでしょうか。
今の世の中、そう思えというのが無理があるように思えてなりません。
どうしてこうなってしまったのか。
ずっと考えていますが、私一人考えたところで、どうにもならない無力感に襲われます。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-19 17:40 |
チョコレートの滝
やっと、「太郎」のお受験終了ってことで、この週末ケーキ・バイキングに行ってきました!
じゃーん!
b0006210_11372433.jpg

このチョコレートの滝を見せたさに
「甘いもんばっかってのはちょっとね・・・・」
「おれ、肉食べ放題の方がいい」
と渋る夫子を説き伏せ、強行突破。
実際のお味は癖があるチョコレート風味で、一通り食べたらおしまい。

しっかし一流ホテル行くのに、ジャージで行った「太郎」。

うちの男たちは、イチゴ、いちご、苺にはあんまり興奮しないで、もっぱらサンドイッチとポテチと点心ばっかり、黙々とお代わり。

うちの男たちとケーキ・バイキングに行くのはもう止めた。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-17 11:35
食べたい!
やっと借りられた本、待った甲斐があったわぁ。
b0006210_11293289.jpg
私は知らなかったけど、東京には海南鶏飯を食べさせる店があって、そこのレシピ集だった。

海南鶏飯食堂

シンガポールのチキンライスっていうけど、ケチャップ味のチキンライスとどこが違うねん?
全然、違いました・・・・。
イメージとしては辛そう、スパイシー?
でもみんなの声を拾っていくとそうでもないのね。

早速こっちでシンガポール飯を食わせてくれるところを探したけど、1店しかひっかからなかった。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-16 11:31 |
解禁
今日からテレビ解禁。

「太郎」録画していたテレビ番組を見まくっています。
ガンダム00、それに
薔薇のない花屋」。
これ、今私もはまりそう。
始め、香取慎吾のちょっと、頑なっぽい演技に何かあるのかな?
あと雫ちゃんこと八木優希が可愛い、くらいのきもちで見ていたんだけど、
ストーリーも良いし、見直しても飽きない。
[PR]
by a-tenar | 2008-03-14 12:34
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧