<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
家電
使っていて欠点はあるけど、すっかりなじんだデジカメがいよいよいけなくなりました。
だからここのところ画像がアップできなかったんです・・・。

始め修理を考えていたんですが、今、見積もりに出しても見積もり料を取られるんですってね。
前に修理した時も、1万円くらいかかりました。
それでメーカーのHPで見たら、性能が良くてもっと軽くて薄いのが2万円くらいであるじゃないですか。
買う方向で検討中です。
そしたら冷蔵庫も買い換えたくなっちゃったけど・・・。
[PR]
by a-tenar | 2008-07-27 18:28
先日書いた、「太郎」の桃。
自然に落ちたり、カラスに狙われたものもあったけれど、8個くらいは収穫。

私はこれをお酒に漬けてじっくり熟成させて、彼らが20歳になったら乾杯しようと計画。

いくつか皮を剥いては瓶に入れていくうちにああまりに甘い香り、一口食べてみたらこれが甘くておいしい。

ちっちゃいので食べられるところは少ないけど、みんなで味わって残りをお酒に。

氷砂糖を入れて、焼酎を入れて封印。
これをあける頃、この子たちはどうなっているんだろう?
[PR]
by a-tenar | 2008-07-26 21:15
暑い時のごはん
暑くて、食欲はないしそんな時のごはんの献立に困ってふっと思いついたもの。

秋刀魚を焼いて大根おろしをたっぷり添えて。
かまぼことみつばのおつゆ。
たこときゅうりの酢の物。
めかぶ。
熱々の麦ごはんとどうぞ。

わたしゃぁ日本人に生まれて良かったと思いました☆
[PR]
by a-tenar | 2008-07-20 20:56 | 食べもの
いつの世も
b0006210_2202226.jpg源氏供養 上下
橋本 治
中央公論社 (1996/11)

橋本治の著したものを「まわりくどい」と表現する人は多いと思うけど、私にとってはそれ以上に言いたいことを表現化してくれてありがとう、ということが多い。
橋本治の「窯変 源氏物語」は私にとって一番インパクトのある源氏物語の現代版であり、今もってこうだったろうなぁと思うことは多い。

その一つ。
男の恋愛と女の恋愛は違う。
瀬戸内寂聴の源氏も良かったけど、男の身勝手さをこれでもか、と男側が出してきたので私は橋本源氏を推す。

なんだかんだ言って今はやっぱり進歩がある。
「幸せな結婚をしている女ほど女の嫌らしさを出してくる」
私、これに脱帽。
あと、男はドメスティックを抜きにしてロマンティックになり、女はドメスティックの真っ只中でロマンティックになれる、の一節。
下町のしもたやに住む夕顔のことだけど、彼女をどういう風に捉えるか?というところ。

その時代では当たり前のことが、今になるとなんとも奇妙きてれつってことはあると思う。
だけどそれが文化の変換だと思う。
ただ無為無職で人の口ばかり(評判)ばかり気にして、橋本によると「モラルがない」時代だったとしても、そこを経て今がある。
また、源氏のように理想的な、美しく魅力も能力もある男に思われて、幸せになった女より出家を望んだ女の方が多いというのはなんとしたことか。
現在の若い女たちが、結婚に甘い夢を持っていないのはある意味正しいとすら私は思う。

決して遠い昔の絵空事ではないところが源氏物語の魅力だと思う。
[PR]
by a-tenar | 2008-07-16 21:54 |
お役立ちボビィ・ブラウン
ボビイ ブラウン リビング ビューティー
ボビイ ブラウン, マリ クレール カティッグ バック-シリック
ランダムハウス講談社 2008年
ISBN-10: 4270003006
ISBN-13: 978-4270003008
 
本人が受け入れられないどんな欠点であっても、他人から見たらそれはその人の個性であってそれ以上でもそれ以下でもない、ってことありませんか?
それがたとえば加齢によるしわやたるみだったら、なかなかそうは思えないのですが、それでも美容界の第一人者ボビィ・ブラウンはそう言います。
整形手術しなくても、チーク一つ、シャドウの入れ方一つでカバーできますよ、と。

たとえば、スーザン・サランドン。
彼女の飾らない、それでいて必要以上には老けて見せないところが好きです。
ところがボビィ・ブラウンにかかると、彼女は私が思った以上に若い。
今まで私が彼女に持っていたイメージは、彼女の役作りだったのか、と思いました。
そんな風に自分を自在に出すところが、彼女の女優たる所以なのかとこの本の彼女を見て思いました。

女の人にとって加齢という事実はなかなか受け入れがたいものです。
まして今のようにお年寄りっぽいお年寄りは少なく、70台80台の女の人でも「アンチ・エイジング」なんてことばを平気に口にして、実行したりもする時代では。
若返ることは絶対にないのですから、加齢を自然にできたら美しく重ねて生きたいヒントになる本だと思いましたが、いかかでしょうか。

b0006210_1957559.jpg

[PR]
by a-tenar | 2008-07-13 20:01 |
桃3年
というけれど、「太郎」が小学校卒業時親友を植えた桃に実がなりました。
実は去年もなったのですが、数が少なく大きくならずにぽてっと落ちてしまいました。
b0006210_22164827.jpg

[PR]
by a-tenar | 2008-07-03 22:14
石榴
父が植えた石榴の木。

父が亡くなって4年だから5~6年になりましょうか。
やっとたった一つ蕾をつけました。
b0006210_1951119.jpg

[PR]
by a-tenar | 2008-07-03 19:24
兵隊さんのパン
「ANDERSEN」のパンで「すずの兵隊さん」。
中にクリームが入っていて、525円。
b0006210_21472119.jpg

[PR]
by a-tenar | 2008-07-01 21:44 | 食べもの
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧