<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ペニンシュラ
もう何年ぶりに逢うかっていいうくらいご無沙汰の姉とのお茶は、「ザ・ペニンシュラ東京」。
b0006210_7304030.jpg

1階はいっぱいだったけど、地階のショップに併設されたカフェはすぐに席に案内してくれました。
私たちはケーキ・セットを選んだけど、近隣のテーブルのランチ・セットがやけにおいしそうに見えました(笑)。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-30 07:29 | お店
今回の目玉
今回のお土産の目玉はこちら↓。
b0006210_718297.jpg

トシ・ヨロイヅカ[Toshi Yoroizuka]
TOSHI MANDEL KRONE  トシ・マンデル・クローネ
雑誌「AERA」で見て、おいしそうだな食べてみたいなと思っていたもの。
思いのほかお値段はリーズナブル、お味も大好評でした。
今回お土産なんで焼き菓子ばかり買ったけれど、いつかあのすてきなケーキをいただくことができたらなぁ。
b0006210_7263577.jpg

開店の数分前にお店前にいたのですが、すでに行列。
その時間でサロン利用は数時間後になってしまうようです。
テイクアウトの場合はそんなに待たずに入れそうだったので、そのまま行列に加わりました。
開店前に丁寧にパティシエからご挨拶があり、ちょっと感激しました。
それがトシ・ヨロイヅカさん本人なのか確信持てないんですけど。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-29 07:12 | お店
韓国版おふくろの味?
姉と久しぶりに逢って、食事しました。
有楽町のガード前、「韓国郷土料理 炭火焼肉広場 ととり」。
女の人たちが多く、隣のテーブルの注文したものがどれもおいしそうで、でも二人じゃ食べきれないねって話していました。

有楽町1-3-7なる巳ビル2F
Tel/Fax:03-3501-0535
b0006210_21351318.jpg

これは一番印象に残った、チャプチェ。
タイトルに「?」ってつけたのは、ほかの料理をまだ食べていないから。
お酒を楽しむ肴としては、とっても美味しかった。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-27 21:28 | 食べもの
チーズケーキにプリン
初めて買ってみました、シーキューブキャラメル入りチーズケーキ
またまた写真撮る前になくなっちゃったので、HPのご紹介でご勘弁。
他のケーキも試してみたくなる美味しさです。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-23 21:28 | 食べもの
「生きている方が痛い」
レスラー 原題:The Wrestler
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、、エバン・レイチェル・ウッド
2008年 アメリカ・フランス合作映画

どすこん、どすこん。
オヤジたちの身体が跳ねる、ぶつかる、血しぶき。
見ているこっちも「はぁ~」もんだったけど、不思議に後味が残る秀作。

この映画にミッキー・ロークを主演につかうと譲らなかった監督、慧眼。

なんとなく、これはガンズが似合う映画だなと思って見ていて、実際曲が流れるとここで使ったかと驚き。
B・スプリングスティーンの書き下ろし曲も良し。

b0006210_21152659.jpg

[PR]
by a-tenar | 2010-03-22 21:11 | Movies
夫婦のすれ違い
The Duchess ある公爵夫人の生涯
監督:ソウル・ディブ
出演: キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランブリング
2008年 イギリス/イタリア/フランス

妻の心を一番夫が無関心、夫の心を一番理解できないのは妻、というところでしょうか。
傍から見てると公爵夫人が責めるほど公爵は非情でもないけれど、今の感覚だと妻妾同居はいただけません。

キーラ・ナイトレイのちょっとした表情、レイフ・ファインズの無表情ななかにも垣間見える苦悩が当たりの映画でした。

シャーロット・ランブリングがイギリス人って、初めて知った・・・。
b0006210_1326258.jpg

[PR]
by a-tenar | 2010-03-21 13:27 | Movies
宅配パエリャ
どーにもごはん作るの面倒だったのと、晩御飯を食べる家族が少なかったので、以前から興味のあった宅配のパエリャを注文。

あっという間になくなったので、写真は撮れませんでした・・・・。

VivaPaella ビバパエリア

確かにスープで炊き込んだごはんは、さらさらしていて美味しかったしデザートのチュロスも好評でした。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-20 20:20 | 食べもの
新しい老眼鏡
どうしたことか、2年前に誂えた老眼鏡を失くしてしまいました!
職場で使って、その日は持って帰るものが多かったり買い物をしたり、かなりごたごたとバッグにものが入ってはいたのですが、帰宅後バッグの整理をしていたら無かったんです。
たぶん家でものにまぎれてしまったのかなぁと思いたいのと、これがないとだめというよりお気に入りの身の回り品がなくなったという事態が受け止められず、しばらく百金の老眼鏡を使っていました。

でも、なぁ・・・・。

永く使うものだからあきのこない、好きなデザインで。
とはいえまた失くしてしまうかもしれないから、ほどほどの金額で。
とすべての条件をクリアするのは案外難しく、眼鏡やさん周りしてこれぞの出会いはありませんでした。

困った、困った。
そこで出会ったのが、これ。
栄のコンランショップで見つけました。
b0006210_11265872.jpg

値段は25,200円、眼鏡としては決して高い方ではありません。
決め手はデザインもさることながら、上半分のカットが浅くて、目線をあげると遠視がかかっている私にはものが見えやすく、ものを読んだりするため視線を落とすと老眼レンズですらすら読めるところです。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-15 10:30
しみついたスープのにおい
b0006210_14313020.jpgコムタン
監督:イ・ジャンス
出演: リュ・シウォン、 チョン・ウソン、キム・ヘス、ハン・ジェソク
1996年 韓国

成金の夫が身勝手している間、買われてきた没落した名家出身の妻は下女たちに混じって立ち働いていた。
夫が捨てた愛人の元女優が彼女を慕ってくるとそれを受けいれ、やがて韓国の伝統料理コムタンの店を出す。
店ははやり、夫との間に育った子どもはいなかったが元愛人を始め、彼女の人柄を慕う使用人たちに囲まれ穏やかな老後を送っていたが、ある日アメリカから夫とその愛人との間に生まれた男の子から手紙が来る。
体調の思わしくない夫が帰国して、彼女に会いたがっているという。

これはハッピー・エンドなのかなんなのか。
ほとんど一緒に暮したことのない夫婦でも「継続は力」なりなのか?
自分を捨てて働いてきた彼女が、老いた夫という荷物を背負うどこまでもつらい女の生涯なのか?
[PR]
by a-tenar | 2010-03-14 14:06 | Movies
春の訪れ2
b0006210_12324426.jpg
年末にホーム・センターで、干からびたクロッカスの球根が処分価格で売っていました。
クロッカスって地味だけど、好き。
こんなミイラみたいな球根でもちゃんと生きてるよね?と思いながら鉢植えして待つこと3ヶ月。
こんなにきれいな花を咲かせてくれました。
[PR]
by a-tenar | 2010-03-12 11:33
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧