しなびたブルーベリー
引き続き猫の悪さの話。

カモミールのプランターの迎いには、今年地植えした小さなブルーベリーがある。
15cmほどもない小さなからだで、今年はそれでも8つの花が咲き、木にみあった小さな実をつけていた。
まだやっと色づき始めた頃だっていうのに、二股になっていた枝の一本が引き裂かれ、当然実は成熟しないまましなびてしまった。

おのれ、野良猫と思っていてもどの猫がどのカップルで、というのがわからん。

今日も、ランデブーにいそしんでいる野良猫たち。
[PR]
# by a-tenar | 2010-05-17 21:43
夢となりし、カモミール
おまけにカモミールの種をもらい、土もあったのでプランターに種を撒いて見た。
いいお天気に恵まれて、すぐに小さな芽がいっぱいに出た。
かわいい小さな芽を間引きして大きく育てなければならないのは嫌だな、どの芽もかわいい、などと思っていたら。

うちはどういうわけか、野良猫のデート・スポットになっているが愛憎激しいけんかが成されたのかある朝、プランターはまるごとひっくり返り、かわいいカモミールの芽たちは全滅した。

猫たちの悪さはそれだけではなかった・・・・。
[PR]
# by a-tenar | 2010-05-16 21:37
「昭和」の生き様の一つ
b0006210_18511237.jpg巡礼
橋本治
新潮社
ISBN-10: 4104061115
ISBN-13: 978-4104061112
2009年8月28日

いささか橋本治の独特の言い回しに飽きてきたとはいえ、この本は一気読み。
そしてこの洞察力はやはりこの人でなければ書けなかったのでは?が読後の感想。
ただ、ラストが余りにも美し過ぎるのはないか?とも思いました。
あのままゴミに埋もれて行きどころもなく、さりとて死なせてももらえず、また今日も行き続けなければならない可能性が高いと思う、けれど「人生何が起こるかわからない。最後の最後まで」もありなのかも。

なんのために生まれたのか?などと考えることもなく、ただまじめにこつこつと毎日を重ねてきた人生の一つは、なんの意味があったのだろう?
しかしこれ考えてちゃ、あの人生は良しこの人生はダメ、と人生を選別することになり、それこそ何の意味もない。
ただ時間を重ねてしかも老いが加わることがどんなことなのか?
老いを日々感じる今ですら、ああはなりたくない、こうはなりたくないと実の母親や周囲の老人たちを見て思う私。
実は彼らもこういう感じをもちながら老いていったのかと思うと・・・・。
[PR]
# by a-tenar | 2010-05-15 18:36 |
突っ込みどころあれど
カイジ監督 : 佐藤東弥
原作 : 福本伸行
脚本 : 大森美香
出演 : 藤原竜也 、 天海祐希 、 香川照之

子どもたちのリクエストでレンタルした作品。
面白くて3回くらい観て、やっぱりつめが甘いなという気はした→大人の感想。
とはいえ、人生ってこんなものかも、という気がしなくもない。
[PR]
# by a-tenar | 2010-05-04 18:41 | Movies
先も読みたい
望郷の道 上・下巻北方 謙三
幻冬舎 2009年3月
ISBN-10: 4344016432
ISBN-13: 978-4344016439
ISBN-10: 4344016440
ISBN-13: 978-4344016446

私は北方の描く男をかっこいいと思うし、女も度胸がありそれでいて愛嬌も色気もあって結構好きなんだけどい、友人は嫌いと断言する(苦笑)。
北方の描く男と女が苦にならなければ、この本は文句なしに楽しめるしぜひ続編が読んでみたい作品ではある。
お留偉さんのきっぷの良さは最高。
[PR]
# by a-tenar | 2010-05-03 21:14 |
5月の公園
あんまり、きれいだったので。
b0006210_11443998.jpg

[PR]
# by a-tenar | 2010-05-01 11:43
なんでも一品
私の「社交週間」は、新しい職場の面々とランチ。

BELLITOSSA 伏見店
名古屋市中区錦1−11−11 名古屋インターシティB1

なんでもお品良く一口サイズなのが、私は嬉しい。
特に、紅ズワイ蟹と思われるクリーム・パスタも、なかなか。
b0006210_864485.jpg

[PR]
# by a-tenar | 2010-05-01 08:05
春宵、あこがれの
このGWは、私の社交週間と銘打ってお久の友人たちに逢うことに。
皮切りに、前の職場の上司と「戦友」と、あこがれのタイ料理のお店へ。

サイアム・ガーデン
納屋橋

雰囲気も良し、食事も良し。

すてきな春の宵になりました。
b0006210_19594137.jpg

[PR]
# by a-tenar | 2010-04-30 19:29 | お店
パリ・オペラ座エトワール・ガレ
気がついたら、とうに終わってしまっていたのね。

なんでもそうだけど、ライブ講演って生ならではの面白さもあれば、物足りなさもあって、高いお金払って時間をみつけて上京して、その公演がしょぼかったら悲しいったらありゃしない。
それがいやなのと、これほどのバレエ団の公演だったら、どっかのテレビが放映しないだろうかと期待したのだけど、どうやらそれもなかった?
いえ、もうあまりに毎日忙しいので、テレビ情報にとんと疎いので放映したのかもしれないけど。

とにかく終わってしまったとわかると、残念なきもちになった公演の一つでした。
[PR]
# by a-tenar | 2010-04-26 18:44 | お気に入り
今日の気分は
内山田洋とクールファイブ、「そして、神戸」。

やっぱ、この人唄うまいわ。

高校時の下級生が前川清にはまってしまって、朝晩聞くのにつきあいました。
「ったく演歌なんてオヤジじゃあるまいし、かんべんしてよ~」
「でも先輩っ、彼は本物ですよ」
ほんと、本物だゎ。

高校の時の思い出なんてロクなものがないから普段は忘れている。
ふっとした時にこうやって思い出す。
あの後輩は今頃、どうしているだろう?

先日、ふとしたことで後輩の一人の今がわかった。
専門を活かして第一線で活躍していた。
[PR]
# by a-tenar | 2010-04-21 21:25
  

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧
メニュー

私の旅行記はこちら
ファン
ブログジャンル
画像一覧