靖国について考えた
靖国問題
高橋哲哉
ちくま新書 2004年

私はもちろん戦争で亡くなった方々を追悼し、いつまでも忘れてはいけないと思っている。
でもそれがなぜ靖国に祀られた人たち、つまり兵士だけなのかと変に思っていた。
靖国に祀られるにも「選別」があり、たとえば日本の「植民地」であった所から強制的に連れてこられ、兵士にしたてられて亡くなった人たちはどうなっているのだろうか。
また兵士は永久に祀られるのに、たとえば空襲や飢えなどで民間人が巻き込まれて亡くなったことに対しては国家としては敬意を払わないのか、など疑問を持っていた。
そういった疑問をクリアにしてくれたのがこの本。
首相の靖国参拝を賛成する人たちも、反対する人たちも、この本を読んでもうちょっと建設的な意見を出し合えないものかと思った。
テレビでの討論を見ている限り
「英霊をないがしろにするのか」「A級戦犯合祀の神社に首相は行っていけない」「それなら東京裁判はなんだったのか」・・・。
など私にすると、議論ではなく互いの意見の押し付け合いになっているような気がする。
「靖国に祀ってくださる」と戦死を納得した遺族もいれば、宗教や国籍の問題で不本意ながら靖国に遺族を祀られた遺族もいる。
スタンスが違って当たり前のことなんだから、もっと議論をすればいい。
そこで「日本古来の宗教」「日本人独特の死生観」
を持ち出してくるのは、私にすればちょっとおかしい。
日本人独自の文化って、今の若い人たちは学校でも自国の文化なんてろくに教えてもらっていない。
それに大方の人は生れた時は宮参り、クリスマスと結婚式はキリスト教で、死んだら仏教を難なく受け入れている。
また靖国についてクレームをつけてくる隣国の反応は、決しておろそかにしてはいけないと思う。
ご近所つきあいをなめたらいけない。
[PR]
by a-tenar | 2005-07-05 15:33 |

おいしいお酒と、すてきな何かと。
by a-tenar
プロフィールを見る
画像一覧